格安SIM比較ウェブ

IIJmioのケータイプランは0 SIMより高いけどいいところもある

2019年5月31日更新

IIJmioのケータイプランはチャージしないとデータ通信ができなくて月額920円(税別)、0 SIMはデータ通信ができて月額700円(税別)からです。このようにIIJmioのケータイプランは0 SIMより高いですが、いいところもあります。

①端末が安く買える

IIJmioではSIMカードと端末がセット販売されており、キャンペーン中には端末が安く買えるチャンスがあります。0 SIMではSIMカードと端末がセット販売されておらず、端末が安く買えるチャンスがありません。

IIJmioのキャンペーンの例を挙げると、2019年5月31日現在、SIMカードと端末を同時購入するとギフト券最大1万円分がもらえるキャンペーンが実施されています。このキャンペーンの対象プランにはケータイプランも含まれています。

格安SIMに乗り換えるついでに機種変更するつもりなら、このようなIIJmioのキャンペーンを活用することで、むしろIIJmioのケータイプランが0 SIMより安上がりになる可能性があるので、検討してみてください。

②5回線まで契約できる

IIJmioのケータイプランは1人につき5回線まで契約できます。予備用や家族用の回線が必要になったとき、IIJmioのケータイプランなら柔軟に対応できます。0 SIMは1人につき1回線しか契約できません。

ちなみにIIJmioのケータイプランの5回線までという契約可能数は、ケータイプランだけのものではなく、ケータイプランを含めた、すべての音声通話機能付きSIMと音声通話機能専用SIMの合計であることに注意してください。

③家族間通話が6割引き

IIJmioのケータイプランと0 SIMの通話料金は、通話料金割引アプリで30秒10円(税別)になります。ここまでは同じです。IIJmioのケータイプランはここからさらに、ファミリー通話割引で家族間通話が30秒8円(税別)になります。

ファミリー通話割引とは、同一名義間の通話料金が2割引きになるサービスのことです。通話料金が通話料金割引アプリで半額になっている場合、そこからさらに2割引きになります。つまり通常の6割引きになるわけです。

家族間通話をすればするほど、基本料金で開いた差が縮まっていき、通話時間が55分間に達したところで、基本料金と通話料金の合計が1800円(税別)で並びます。これならIIJmioのケータイプランにも利用価値がありそうです。

IIJmio