格安SIM比較ウェブ

10分かけ放題の格安SIMを比較

2019年9月6日更新

10分かけ放題の格安SIMを比較しています。10分かけ放題オプションを追加することで、10分以内の国内通話が何回でもかけ放題になる格安SIMの中から、とりわけ費用対効果がいいものを厳選してみました。

格安SIMのかけ放題オプションは、OCN モバイル ONEの5分かけ放題オプションを皮切りに、さまざまな格安SIMで導入されてきました。現在は5分かけ放題オプションよりも10分かけ放題オプションの方が主流になっています。

10分かけ放題の格安SIMを比較する上では、基本料金と10分かけ放題オプション料金がそれぞれいくらなのかというところを、まずは見ていきましょう。ちなみに10分かけ放題オプション料金はだいたい月額850円(税別)です。

もっと細かいことを言えば、基本料金と10分かけ放題オプション料金が初月無料なのかというところや、10分かけ放題オプションが月初にさかのぼって適用されるのかというところも、注目したいところです。

格安SIMに10分かけ放題オプションを追加すると、かえって損をしてしまうのではないかと不安になるかもしれませんが、一般的には通話時間が42分30秒を超えるなら、月額850円(税別)の10分かけ放題オプションの元が取れます。

なぜなら格安SIMに10分かけ放題オプションを追加せずに電話をかけると、通話料金割引アプリ使用時の通話料金がだいたい30秒10円(税別)なので、通話時間が42分30秒の時点で、通話料金が850円(税別)に達するからです。

自身のここ数カ月間の通話履歴を振り返り、月々の通話時間が42分30秒を超えていたかどうかを確認してみて、10分かけ放題の格安SIMで通話料金が節約できそうなら、ぜひ乗り換えを検討してみてください。

10分かけ放題の格安SIMのおすすめは、IIJmioです。月額830円(税別)で誰とでも10分かけ放題になるばかりか、家族とは30分かけ放題になるという、費用対効果に優れたかけ放題オプションがあります。

10分かけ放題オプション付きでも、3GBプランが月額2430円(税別)、6GBプランが月額3050円(税別)、12GBプランが月額4090円(税別)、音声通話専用プランが月額1750円(税別)と、なかなかの安さです。

IIJmio

IIJmio

+830円で10分かけ放題の格安SIM

IIJmioは、10分かけ放題の格安SIMです。月額830円(税別)の誰とでも10分&家族と30分というオプションを追加すると、誰とでも10分以内の国内通話がかけ放題になり、家族と30分以内の国内通話がかけ放題になります。

誰とでも10分&家族と30分の申し込みをし、みおふぉんダイアルアプリという専用アプリを使うか、または電話番号の先頭に「0037-691」のプレフィックス番号を付けて電話をかける必要があります。

10分かけ放題オプション付きで、3GBのミニマムスタートプランが月額2430円(税別)、6GBのライトスタートプランが月額3050円(税別)、12GBのファミリーシェアプランが月額4090円(税別)になります。

基本料金と10分かけ放題オプション料金は、いずれも初月から発生します。月の途中で10分かけ放題オプションの申し込みをした場合、月初にさかのぼって適用されることはなく、料金は満額になります。

ちなみに月額600円(税別)の誰とでも3分&家族と10分というオプションもあります。誰とでも3分以内の国内通話がかけ放題になり、家族と10分以内の国内通話がかけ放題になるというものです。こちらも検討してみてください。

IIJmio

OCN モバイル ONE

+850円で10分かけ放題の格安SIM

OCN モバイル ONEは、10分かけ放題の格安SIMです。10分以内の国内通話がかけ放題になる、月額850円(税別)のOCNでんわ 10分かけ放題オプションを必要に応じて追加できます。

OCNでんわ 10分かけ放題オプションの申し込みをし、OCNでんわという専用アプリを使うか、または電話番号の先頭に「0035-44」のプレフィックス番号を付けて電話をかける必要があります。

10分かけ放題オプション付きだと、110MB/日コースが月額2450円(税別)になります。170MB/日コースなら月額2930円(税別)、3GB/月コースなら月額2650円(税別)、6GB/月コースなら月額3000円(税別)です。

特筆するべきは、基本料金と10分かけ放題オプション料金が初月無料であることです。これだけで数千円もの費用が浮くことになります。10分かけ放題オプションが月初にさかのぼって適用されることはありません。

かけ放題オプションは他にもあります。月額850円(税別)のOCNでんわ トップ3かけ放題オプションと、月額1300円(税別)のOCNでんわ かけ放題ダブルオプションです。後者はOCNでんわ 10分かけ放題オプションも含みます。

OCN モバイル ONE

LINEモバイル

+880円で10分かけ放題の格安SIM

LINEモバイルは、10分かけ放題の格安SIMです。月額880円(税別)の10分電話かけ放題オプションがあります。LINEの無料通話が通信容量を消費することなくかけ放題であることも相まって、通話料金を節約しやすくなっています。

10分電話かけ放題オプションの申し込みをし、いつでも電話という専用アプリを使うか、または相手が携帯電話なら「0063」、相手が固定電話なら「006751」のプレフィックス番号を付けて電話をかける必要があります。

1GBのLINEフリープランなら、10分かけ放題オプション付きで月額2080円(税別)という安さです。3GB以上のコミュニケーションフリープランとMUSIC+プランは、10分かけ放題の格安SIMとしては高めです。

基本料金と10分かけ放題オプション料金は、いずれも初月から発生します。月の途中で10分かけ放題オプションの申し込みをした場合、月初にさかのぼって適用されることはなく、料金は満額になります。

LINEを使っているときは通信容量をほぼ消費しないという特徴があるので、通話時間が短くなりそうならいつでも電話で電話をかけ、通話時間が長くなりそうならLINEで電話をかけるようにして、通話料金を節約してみてください。

LINEモバイル

nuroモバイル

+800円で10分かけ放題の格安SIM

nuroモバイルは、10分かけ放題の格安SIMです。月額800円(税別)の10分かけ放題オプションがあります。基本料金と10分かけ放題オプション料金がいずれも安く、維持費の安さはあらゆる格安SIMの中でもトップクラスです。

10分かけ放題オプションの申し込みをし、nuroモバイルでんわという専用アプリを使うか、または電話番号の先頭に「0037-692」のプレフィックス番号を付けて電話をかける必要があります。

ドコモ回線の(D)プランの場合、10分かけ放題オプション付きで、200MBのお試しプランが月額1800円(税別)、2GBのSプランが月額2200円(税別)、7GBのMプランが月額3000円(税別)です。

au回線の(A)プランとソフトバンク回線の(S)プランの場合、お試しプランが月額2000円(税別)、Sプランが月額2280~2480円(税別)、Mプランが月額3600円(税別)、Lプランが月額4480円(税別)と、やや高めです。

基本料金は初月無料ですが、10分かけ放題オプション料金は初月無料ではありません。月の途中で10分かけ放題の申し込みをした場合、月初にさかのぼって適用されることはなく、料金は満額になります。

nuroモバイル

イオンモバイル

+850円で10分かけ放題の格安SIM

イオンモバイルは、10分かけ放題の格安SIMです。月額850円(税別)のイオンでんわ10分かけ放題というオプションを追加すると、10分以内の国内通話がかけ放題になります。

イオンでんわ10分かけ放題の申し込みをし、イオンでんわという専用アプリを使うか、または電話番号の先頭に「0037-691」のプレフィックス番号を付けて電話をかける必要があります。

基本料金の安さはかなりのもので、10分かけ放題オプション付きでも、500MBプランが月額1980円(税別)、1GBプランが月額2130円(税別)、2GBプランが月額2230円(税別)、4GBプランが月額2430円(税別)にしかなりません。

基本料金と10分かけ放題オプション料金は、いずれも初月から発生します。月の途中で10分かけ放題オプションの申し込みをした場合、月初にさかのぼって適用されることはなく、料金は満額になります。

050かけ放題というオプションもあります。こちらは格安SIMには珍しい、IP電話アプリによる無制限かけ放題オプションで、登録事務手数料1000円(税別)と月額1500円(税別)の費用が掛かります。

イオンモバイル

mineo

mineoは、10分かけ放題の格安SIMです。月額850円(税別)のmineoでんわ 10分かけ放題というオプションを追加すると、10分以内の国内通話がかけ放題になります。

mineoでんわ 10分かけ放題の申し込みをし、mineoでんわという専用アプリを使うか、または相手が携帯電話なら「0063」、相手が固定電話なら「006751」のプレフィックス番号を付けて電話をかける必要があります。

基本料金が安いのはau回線のAプランです。10分かけ放題オプション付きだと、500MBプランが月額2160円(税別)になります。3GBプランなら月額2360円(税別)、6GBプランなら月額3040円(税別)です。

基本料金と10分かけ放題オプション料金は、いずれも初月から発生します。月の途中で10分かけ放題オプションの申し込みをした場合、月初にさかのぼって適用されることはありませんが、料金は日割りになります。

注目したいのは、通話時間が10分以上になったときの通話料金が30秒10円(免税)であることです。消費税が課税されないのです。ここで他の格安SIMと多少なりとも差がつく可能性があります。

ヤマダニューモバイル

ヤマダニューモバイルは、10分かけ放題の格安SIMです。月額800円(税別)の10分かけ放題オプションを追加すると、10分以内の国内通話がかけ放題になります。10分かけ放題オプションが月初にさかのぼって適用されるのが特徴です。

10分かけ放題オプションの申し込みをし、U-CALL MAXという専用アプリを使うか、または電話番号の先頭に「00328246」のプレフィックス番号を付けて電話をかけると、格安SIMが10分かけ放題になります。

10分かけ放題オプション付きで、低速のシンプルプランが月額2050円(税別)となかなかの安さです。3.3GBプランなら月額2400円(税別)、5.3GBプランなら月額2950円(税別)、10.3GBプランなら月額3760円(税別)です。

基本料金は初月無料ですが、10分かけ放題オプション料金は初月無料ではありません。月の途中で10分かけ放題オプションの申し込みをした場合、月初にさかのぼって適用され、料金は満額になります。

なおヤマダニューモバイルは転送電話と迷惑電話ストップサービスに対応していないので、注意してください。10分かけ放題の格安SIMにこれらのオプションを必要とするなら、ヤマダニューモバイルは選択肢から外れます。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、10分かけ放題の格安SIMです。月額830円(税別)の10分かけ放題というオプションを追加すると、10分以内の国内通話がかけ放題になります。超過時の通話料金が30秒9円(税別)と安くなっています。

10分かけ放題の申し込みをし、BIGLOBEでんわという専用アプリを使うか、または電話番号の先頭に「0077-500」のプレフィックス番号を付けて電話をかける必要があります。

10分かけ放題オプション付きで、1GBの音声通話スタートプランが月額2230円(税別)、3ギガプランが月額2430円(税別)、6ギガプランが月額2980円(税別)、12ギガプランが月額4230円(税別)になります。

基本料金は初月無料ですが、10分かけ放題オプション料金は初月無料ではありません。月の途中で10分かけ放題オプションの申し込みをした場合、月初にさかのぼって適用され、料金は満額になります。

10分かけ放題の他に、月額600円(税別)の3分かけ放題、月額600円(税別)の通話パック60、月額830円(税別)の通話パック90などがあり、スマートフォンの使い方に合わせて好きなオプションが選べるようになっています。

QTモバイル

QTモバイルは、10分かけ放題の格安SIMです。月額850円(税別)の10分かけ放題というオプションを追加すると、10分以内の国内通話がかけ放題になります。超過時の通話料金が30秒15円(税別)と高めなのが難点です。

10分かけ放題の申し込みをし、QTmobileアプリという専用アプリを使うか、または電話番号の先頭に「0037-692」のプレフィックス番号を付けて電話をかける必要があります。

ドコモ回線のDタイプとau回線のAタイプは、10分かけ放題オプション付きで、1GBプランが月額2300円(税別)、3GBプランが月額2400円(税別)、6GBプランが月額3100円(税別)、10GBプランが月額4100円(税別)になります。

基本料金は初月無料ではありませんが、10分かけ放題オプション料金は初回のみ初月無料です。月の途中で10分かけ放題オプションの申し込みをした場合、月初にさかのぼって適用されることはありません。

月額2500円(税別)の無制限かけ放題というオプションもあります。個人的にはそこまでして音声通話にこだわるべきなのかと思わなくもありませんが、どうしても電話が長引いてしまうようなら検討してみてください。

楽天モバイル

楽天モバイルは、10分かけ放題の格安SIMです。月額850円(税別)の楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイルというオプションを追加すると、10分以内の国内通話がかけ放題になります。スーパーホーダイはこれを含むプランです。

楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイルの申し込みをし、楽天でんわという専用アプリを使うか、または電話番号の先頭に「003768」のプレフィックス番号を付けて電話をかけることで、格安SIMが10分かけ放題になります。

10分かけ放題オプション込みのスーパーホーダイの場合、2GBのプランSなら月額2980円(税別)、6GBのプランMなら月額3980円(税別)、14GBのプランLなら月額5980円(税別)、24GBのプランLLなら月額6980円(税別)です。

10分かけ放題オプションと組み合わせプランのセットの場合、低速のベーシックプランなら月額2100円(税別)、3.1GBプランなら月額2450円(税別)、5GBプランなら月額3000円(税別)、10GBプランなら月額3810円(税別)です。

基本料金と10分かけ放題オプション料金は、いずれも初月から発生します。月の途中で10分かけ放題オプションの申し込みをした場合、月初にさかのぼって適用されることはなく、料金は満額になります。

10分かけ放題の格安SIM 料金比較

※表内の金額は税別

通話プラン+10分かけ放題

データ最安次点
不可IIJmio-
1750円-
低速ヤマダ楽天
2050円2100円
200MBnuro D-
1800円-
500MBイオンmineo A
1980円2160円
1GBLINEイオン
2080円2130円
2GBnuro Dイオン
2200円2230円
3GBmineo Aヤマダ
QT D
QT A
2360円2400円
4GBイオン-
2430円-
5GBOCNヤマダ
2930円2950円
6GBイオンBIGLOBE
2830円2980円
7GBnuro Dnuro A
nuro S
3000円3600円
8GBイオン-
3530円-
10GBヤマダ楽天
3760円3810円
12GBIIJmioイオン
4090円4130円
13GBnuro Dnuro A
nuro S
4200円4480円
14GB楽天 D-
5980円-
20GBmineo Aイオン
mineo D
5440円5530円
24GB楽天 D-
6980円-
30GBイオンヤマダ
6530円6950円
40GBイオン-
7830円-
50GBイオン-
9830円-

IIJmioは家族間通話の安さを売りとしており、基本料金の安さでは勝負していないような印象がありますが、それでも12GBプランは最安値となっています。全体的にはnuroモバイルとイオンモバイルが強いです。

10分かけ放題の格安SIM 仕様比較

キャリア

項目
IIJmio
OCN
LINE
nuro
イオン
ドコモ
au-
ソフトバンク---
ワイモバイル-----
項目
mineo
ヤマダ
BIGLOBE
QT
楽天
ドコモ
au-
ソフトバンク---
ワイモバイル-----

10分かけ放題の格安SIMには、マルチキャリアのものがいくつかあります。例えばIIJmioはドコモ回線とau回線に対応しており、LINEモバイルとnuroモバイルはドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線に対応しています。

割引

項目
IIJmio
OCN
LINE
nuro
イオン
初月無料---
セット割---
複数回線割----
ポイント還元----
項目
mineo
ヤマダ
BIGLOBE
QT
楽天
初月無料---
セット割----
複数回線割----
ポイント還元--

IIJmioには光回線とのセット割引と、家族間通話の割引があります。10分かけ放題オプションで家族に30分かけ放題になることも、実質的な割引といえます。OCN モバイル ONEは基本料金と10分かけ放題オプション料金が初月無料です。

支払い方法

項目
IIJmio
OCN
LINE
nuro
イオン
クレジットカード
デビットカード----
LINE Pay カード----
口座振替-----
振り込み-----
項目
mineo
ヤマダ
BIGLOBE
QT
楽天
クレジットカード
デビットカード---
LINE Pay カード-----
口座振替----
振り込み-----

OCN モバイル ONEとmineoはデビットカードで支払いができ、LINEモバイルはLINE Pay カードで支払いができ、楽天モバイルはデビットカードと口座振替で支払いができるので、クレジットカードが不要です。

データ通信

項目
IIJmio
OCN
LINE
nuro
イオン
速度切り替え--
バースト転送-
容量繰り越し
容量シェア--
容量追加
Wi-Fiスポット--
メールアドレス----
項目
mineo
ヤマダ
BIGLOBE
QT
楽天
速度切り替え--
バースト転送---
容量繰り越し-
容量シェア-
容量追加
Wi-Fiスポット-
メールアドレス-

データ通信に関しては、IIJmio、OCN モバイル ONE、mineo、楽天モバイルあたりなら不自由することはありません。LINEモバイルは欠点も少なくないものの、LINEで通信容量を消費しないことに魅力を感じます。

通話

項目
IIJmio
OCN
LINE
nuro
イオン
通話割引アプリ
通話定額
IP電話---
転送電話
迷惑電話ストップ
留守番電話
キャッチホン
項目
mineo
ヤマダ
BIGLOBE
QT
楽天
通話割引アプリ
通話定額
IP電話----
転送電話-
迷惑電話ストップ-
留守番電話
キャッチホン

すべての格安SIMに10分かけ放題オプションがあります。IIJmioだけは10分かけ放題オプションで家族に30分かけ放題になるので、他の格安SIMよりも通話料金を抑えやすいです。

サポート

項目
IIJmio
OCN
LINE
nuro
イオン
セキュリティー-
端末保証
訪問サポート--
遠隔サポート-
項目
mineo
ヤマダ
BIGLOBE
QT
楽天
セキュリティー-
端末保証
訪問サポート-
遠隔サポート

訪問サポートが必要ならOCN モバイル ONE、nuroモバイル、イオンモバイルあたりを選び、遠隔サポートが必要ならIIJmio、OCN モバイル ONE、nuroモバイルあたりを選んでみてください。

手続き

項目
IIJmio
OCN
LINE
nuro
イオン
未成年契約--
MNP手動切り替え-
プラン変更
サイズ変更
項目
mineo
ヤマダ
BIGLOBE
QT
楽天
未成年契約---
MNP手動切り替え
プラン変更
サイズ変更

IIJmio、LINEモバイル、nuroモバイル、mineo、QTモバイルは、未成年でも契約できます。イオンモバイルは、MNP転入時に不通期間が生じることがあるので、注意してください。

迷ったらIIJmio

迷ったらIIJmioです。基本料金はそれほど安くないものの、10分かけ放題オプション料金が安く、しかも家族には30分かけ放題なので、結果的に他の格安SIMよりも安く済ませられる可能性が高いです。

できればIIJmioに家族で乗り換えることを勧めます。なぜなら10分かけ放題オプションで30分かけ放題になるのは、同一mioIDのSIMカードに電話をかけたときだけだからです。

IIJmioに家族で乗り換える場合、転出元の名義がばらばらだとMNP転入ができなかったり、申し込みと同時に3枚までしかMNP転入ができなかったりと、いくつか注意点があるので、公式サイトで手順を確認しておくようにしてください。

IIJmio