格安SIM比較ウェブ

留守電無料の格安SIM

更新 著者 賀来泰史

留守電無料の格安SIMを比較しています。ほとんどの格安SIMには留守番電話のオプションがあります。一般的にドコモ回線とau回線の格安SIMは留守番電話が有料で、ソフトバンク回線の格安SIMは留守番電話が無料です。

留守電無料の格安SIM おすすめ

おすすめは楽天モバイルです。留守番電話が無料、基本料金も1回線目で1GBまでなら無料、通話料金もRakuten Linkを利用すれば無料です。極端な話、まったくお金を支払わずに済む可能性すらあります。

楽天モバイル

楽天モバイル

留守電無料の格安SIM

楽天回線 音声+SMS+データプラン
1GB~0円~
プラン名楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
申し込み楽天モバイル
初期費用0円
SIM発行0円
基本料金~1GB:0円(1回線目)
~3GB:1078円
~20GB:2178円
~無制限:3278円
回線楽天モバイル
容量無制限(auエリアは5GB)
容量追加1GB:550円
速度高速
超過時最大1Mbps
通話アプリ使用:0円
アプリなし:22円/30秒
通話定額10分かけ放題:1100円
海外かけ放題:980円(不課税)
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズeSIM nano micro 標準
支払いクレジットカード
デビットカード
口座振替(+110円)
年齢-
最低利用-
解約金0円
MNP転出0円

楽天モバイルはMVNOからMNOへの移行を期に、留守電無料の格安SIMになりました。月額無料の留守番電話というオプションがあります。ソフトバンク系の格安SIMではないのに留守番電話が無料なのは珍しいことです。

留守番電話の保存件数は100件、保存期間は1週間です。留守番電話を利用開始するには、申し込み時に留守番電話に加入するか、または申し込み時にmy 楽天モバイルから留守番電話に加入します。

基本料金は月額0~3278円(税込)です。これで留守番電話が無料であることに加え、Rakuten Linkアプリで音声通話とSMSも無料であることを考えれば、破格と言ってもいい条件です。

通話料金はRakuten Linkアプリから発信すれば無料で、それ以外から発信すれば30秒22円(税込)です。無制限かけ放題オプションが最初からプランに含まれているようなものだと考えてください。

その他のオプションは、国際電話が月額無料、着信転送が月額無料、割込通話/通話保留が月額無料です。ナンバーブロックやグループ通話に相当するサービスは提供されていません。

楽天モバイル

NUROモバイル

ソフトバンク回線のみ留守電無料の格安SIM

ソフトバンク回線 音声+SMS+データプラン
3GB792円
5GB990円
10GB1485円
プラン名NUROモバイル Sプラン 音声通話付きSIM VSプラン
申し込みNUROモバイル
初期費用3300円
SIM発行440円
基本料金792円(初月無料)
回線ソフトバンク
容量3GB
容量追加1GB:550円
速度高速
超過時最大200kbps
通話11円/30秒
通話定額5分かけ放題:490円
10分かけ放題:880円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズnano micro
支払いクレジットカード
年齢18歳~
最低利用-
解約金0円
MNP転出0円
プラン名NUROモバイル Sプラン 音声通話付きSIM VMプラン
申し込みNUROモバイル
初期費用3300円
SIM発行440円
基本料金990円(初月無料)
回線ソフトバンク
容量5GB(3カ月ごとに+3GB)
容量追加1GB:550円
速度高速
超過時最大200kbps
通話11円/30秒
通話定額5分かけ放題:490円
10分かけ放題:880円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズnano micro
支払いクレジットカード
年齢18歳~
最低利用-
解約金0円
MNP転出0円

NUROモバイルはドコモ回線のDプランとau回線のAプランに月額330円(税込)の留守番電話があり、ソフトバンク回線のSプランに月額無料の留守番電話(無料)と月額330円(税込)の留守番電話プラスがあります。

留守番電話(無料)の仕様はソフトバンクと同じです。保存件数は30件、保存期間は72時間です。「1406」に発信し、呼び出しありなら「431#」、呼び出しなしなら「432#」を押せば、利用開始です。

3GBプランは月額792円(税込)、5GBプランは月額990円(税込)、10GBプランは月額1485円(税込)と、基本料金の安さはかなりのものです。これで留守電無料の格安SIMなのですから大したものです。

通話料金は30秒11円(税込)です。月額490円(税込)の5分かけ放題に加入すれば1回5分まで無料、月額880円(税込)の10分かけ放題に加入すれば1回10分まで無料になります。

その他のオプションは国際電話が月額無料、転送電話が月額無料、ナンバーブロックが月額110円(税込)、割込通話が月額220円(税込)です。グループ通話には対応していません。

NUROモバイル

mineo

ソフトバンク回線のみ留守電無料の格安SIM

ソフトバンク回線 音声+SMS+データプラン
1GB1298円
5GB1518円
10GB1958円
20GB2178円
10GB/3日990円
10GB/3日2200円
プラン名mineo Sプラン デュアルタイプ マイピタ 1GB
申し込みmineo
初期費用3300円
SIM発行440円
基本料金1298円
回線ソフトバンク
容量1GB
容量追加100MB:55円
速度高速
超過時最大200kbps
最大1.5Mbps(+385円)
通話アプリ使用:10円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額10分かけ放題:550円
かけ放題:1210円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
年齢18歳~
最低利用-
解約金0円
MNP転出0円
プラン名mineo Sプラン デュアルタイプ マイピタ 5GB
申し込みmineo
初期費用3300円
SIM発行440円
基本料金1518円
回線ソフトバンク
容量5GB
容量追加100MB:55円
速度高速
超過時最大200kbps
最大1.5Mbps(+385円)
通話アプリ使用:10円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額10分かけ放題:550円
かけ放題:1210円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
年齢18歳~
最低利用-
解約金0円
MNP転出0円

mineoは留守電無料の格安SIMです。ソフトバンク回線のSタイプに留守番電話(無料)というオプションがあります。月額319円(税込)のスマート留守電は全タイプ共通です。

留守番電話(無料)の保存件数は30件、保存期間は72時間です。利用開始するには「0800-919-4006」に発信し、呼び出しありなら「431#」、呼び出しなしなら「432#」を押します。

留守電無料の格安SIMの中では基本料金が高い部類に入ります。しかし20GBプランなら月額5533円(税込)、30GBプランなら月額7645円(税込)と、比較的安価になっているので、狙い目です。

通話料金はmineoでんわというアプリで30秒10円(不課税)になります。月額550円(税込)の10分かけ放題や、月額1210円(税込)の時間無制限かけ放題というオプションもあります。

その他のオプションは、国際電話が月額無料、転送電話が月額無料、ナンバーブロックが月額110円(税込)、割込通話が月額220円(税込)、グループ通話が月額220円(税込)です。

mineo

ワイモバイル

ソフトバンク回線のみ留守電無料の格安SIM

ソフトバンク回線 音声+SMS+データプラン
3GB2178円
15GB3278円
25GB4158円
プラン名ワイモバイル シンプルS
申し込みワイモバイル
初期費用ウェブ:0円
店舗:3300円
SIM発行0円
基本料金2178円
回線ソフトバンク
容量3GB
容量追加500MB:550円
月2GB:550円
速度高速
超過時最大300kbps
通話22円/30秒
通話定額10分かけ放題:770円
かけ放題:1870円
SMS付帯0円
枚数1~4枚
サイズeSIM nano micro
支払いクレジットカード
口座振替(eSIM不可)
年齢12歳~
最低利用-
解約金0円
MNP転出0円
プラン名ワイモバイル シンプルM
申し込みワイモバイル
初期費用ウェブ:0円
店舗:3300円
SIM発行0円
基本料金3278円
回線ソフトバンク
容量15GB
容量追加500MB:550円
月5GB:550円
速度高速
超過時最大1Mbps
通話22円/30秒
通話定額10分かけ放題:770円
かけ放題:1870円
SMS付帯0円
枚数1~4枚
サイズeSIM nano micro
支払いクレジットカード
口座振替(eSIM不可)
年齢12歳~
最低利用-
解約金0円
MNP転出0円

ワイモバイルは月額無料の留守番電話(無料)と、月額330円(税込)の留守番電話プラスというオプションがある留守電無料の格安SIMです。ソフトバンクのサブブランドなのでソフトバンクと同じ仕様になっています。

留守番電話(無料)の保存件数は30件、保存時間は3分間、保存期間は72時間です。My Y!mobileにログインし、「留守番電話・転送電話の設定」を選択し、呼び出し時間を設定すれば、留守番電話(無料)が有効になります。

基本料金は安くも高くもないといった感じで、3GBのシンプルSが月額2178円(税込)、15GBのシンプルMが月額3278円(税込)、25GBのシンプルLが月額4158円(税込)です。

通話料金は30秒22円(税込)です。月額770円(税込)のだれとでも定額で10分以内の国内通話がかけ放題になり、月額1870円(税込)のスーパーだれとでも定額(S)で時間制限なしに国内通話がかけ放題になります。

その他のオプションは、国際電話が月額無料、着信転送サービスが月額無料、ナンバーブロックが月額110円(税込)、割込通話が月額220円(税込)、グループ通話が月額220円(税込)です。

ワイモバイル

b-mobile S 990ジャストフィットSIM

ソフトバンク回線のみ留守電無料の格安SIM

ソフトバンク回線 音声+SMS+データプラン
1GB~1089円~
プラン名b-mobile S 990ジャストフィットSIM ソフトバンクSIM
申し込みb-mobile S 990ジャストフィットSIM
初期費用3300円
SIM発行0円
基本料金~1GB:1089円
~20GB:220円/GB
回線ソフトバンク
容量20GB
360MB/3日(超過時)
容量追加-
速度高速
超過時?kbps→?kbps
通話アプリ使用携帯宛て:10円/30秒(不課税)
アプリ使用固定宛て:11円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額5分かけ放題:550円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズnano
支払いクレジットカード
年齢18歳~
最低利用-
解約金0円
MNP転出0円

b-mobile S 990ジャストフィットSIMは、留守電無料の格安SIMです。ドコモ版は月額330円(税込)の留守番電話のみですが、ソフトバンク版は月額無料と月額330円(税込)の留守番電話があります。

無料留守番電話の保存件数は30件、保存期間は72時間です。利用開始するには「1406」か「0800-919-4006」に発信し、電話の呼び出しをしてから留守番電話に転送するなら「431#」、直接転送するなら「432#」を押します。

1GBまでの最低料金で維持すれば、留守番電話付きで月額1089円(税込)という安さです。通信容量を使った分だけ基本料金が高くなっていくことには注意しなければなりませんが、うまく使いこなせば費用対効果は抜群です。

通話料金は、b-mobile電話というアプリで30秒11円(税込)か30秒10円(不課税)になり、さらに月額550円(税込)の通話5分かけ放題オプションで5分間無料になります。10分間無料でなく5分間無料というところがみそです。

その他のオプションは、国際電話が月額無料、転送電話が月額無料、ナンバーブロックが月額110円(税込)、割込通話が月額220円(税込)、グループ通話が月額220円(税込)です。

b-mobile S 990ジャストフィットSIM

QTモバイル

QTモバイルは留守電無料の格安SIMです。ソフトバンク回線のSタイプに月額無料の留守番電話と、月額330円(税込)の留守番電話プラスがあります。全タイプ共通のスマート留守電は月額319円(税込)です。

無料留守番電話の保存件数は30件、保存期間は72時間です。利用開始するには「0800-919-4006」に発信し、電話を呼び出してから留守番電話に転送するなら「431#」、直接転送するなら「432#」を押します。

1GBプランは月額1870円(税込)と高いので、あまりおすすめしません。3GBプランは月額1980円(税込)、6GBプランは月額2750円(税込)とそれなりに安いです。

通話料金はQTモバイルアプリで発信すれば30秒11円(税込)になります。必要時応じて月額880円(税込)の10分かけ放題や月額1600円(税込)の無制限かけ放題などのオプションに加入できます。

その他のオプションは国際電話が月額無料、転送電話が月額無料、ナンバーブロックが月額110円(税込)、割込通話が月額220円(税込)です。グループ通話には対応していません。

QTモバイル

リペアSIM

リペアSIMはドコモ回線の(D)プランに月額330円(税込)の留守番電話および不在案内機能があり、ソフトバンク回線の(S)プランに留守番電話(無料)と月額330円(税込)の留守番電話プラスがあります。

留守番電話(無料)の保存件数と保存期間はリペアSIMの利用規約には記載されていませんが、ソフトバンクと同様に保存期間は30件、保存期間は72時間であるものと思われます。利用開始するには「0800-919-4006」に発信します。

3GBプランなら月額980円(税込)、10GBプランなら月額1680円(税込)、20GBプランなら月額1980円(税込)と、留守電無料の格安SIMの中でもなかなかの安さです。iPhone修理料金のキャッシュバックという特典も魅力的です。

通話料金はリペアSIMでんわというアプリで30秒10円(不課税)になり、さらに月額850円(不課税)の10分かけ放題というオプションに加入すれば10分間無料になります。

その他のオプションは、国際電話が無料、転送電話が無料、ナンバーブロックが月額110円(税込)、割込通話が月額220円(税込)です。グループ通話には対応していません。

b-mobile S スマホ電話SIM

b-mobile S スマホ電話SIMは留守電無料の格安SIMです。月額無料の留守番電話と月額330円(税込)の留守番電話があります。ソフトバンク回線の格安SIMであることから、留守番電話の仕様はソフトバンクに準拠しています。

留守番電話の無料版の保存件数は30件、保存期間は72時間、申し込みをする必要はありません。留守番電話の有料版の保存件数は100件、保存期間は1週間、マイページから申し込みをする必要があります。

「0800-919-4006」に発信すると、留守番電話の設定を変更できます。例えば留守番電話に転送する前に電話を呼び出すかどうかを設定したり、電話を呼び出してから留守番電話に転送するまでの時間を設定したりできます。

仕事用の回線として利用するなら留守番電話を有料版にすることも検討するべきですが、プライベート用の回線として利用するならわざわざ留守番電話を有料版にするまでもありません。ほとんどの場合は無料版で十分です。

基本料金は非常に高額で、最低金額が1GBまでで月額2145円(税込)、最高金額が15GBまでで月額7535円(税込)です。いくら留守電無料の格安SIMとはいえ、これではさすがに手が出ません。

留守電無料の格安SIM 料金比較

音声プラン+留守電

プラン最も安い次に安い
1GB楽天モバイル990ジャスト
0円1089円
3GBNUROリペアSIM
792円980円
5GBNUROmineo
990円1518円
6GBQTモバイル-
2750円-
10GBNUROリペアSIM
1485円1680円
15GBワイモバイル-
3278円-
20GBリペアSIM楽天モバイル
mineo
1980円2178円
25GBワイモバイル-
4158円-
30GBQTモバイル-
7810円-
100GBmineo-
990円-
無制限楽天モバイル-
3278円-

楽天モバイルに注目です。1回線目は1GBまで留守番電話付きで無料で、3GBまででも月額1078円、20GBまででも月額2178円(税込)、無制限でも月額3278円(税込)と圧倒的な安さです。NUROモバイルも健闘しています。

留守電無料の格安SIM 仕様比較

※一部プランのみ該当する場合も◯とします

割引

楽天モバイル
NURO
mineo
ワイモバイル
初月無料---
固定回線割-
複数回線割--
ポイント還元---
990ジャスト
QTモバイル
リペアSIM
スマホ電話
初月無料----
固定回線割---
複数回線割----
ポイント還元----

楽天モバイルには楽天ポイントが還元される特典があります。NUROモバイルは基本料金が初月無料なので、短期的には他の格安SIMよりも安上がりです。QTモバイルには固定回線セット割引と電気セット割引があります。

回線

楽天モバイル
NURO
mineo
ワイモバイル
ドコモ----
au----
ソフトバンク-
楽天---
990ジャスト
QTモバイル
リペアSIM
スマホ電話
ドコモ----
au----
ソフトバンク
楽天----

楽天モバイルは当然ながら楽天回線です。それ以外の格安SIMはソフトバンク回線プランだけが留守電無料の格安SIMという条件に当てはまります。間違ってドコモ回線プランやau回線プランの申し込みをしないようにしてください。

データ通信

楽天モバイル
NURO
mineo
ワイモバイル
速度切り替え--
バースト転送--
容量繰り越し-
容量シェア--
容量追加
990ジャスト
QTモバイル
リペアSIM
スマホ電話
速度切り替え----
バースト転送---
容量繰り越し--
容量シェア----
容量追加--

楽天モバイルはこうして見てみると機能が少ないように思えますが、楽天回線エリアなら通信容量が無制限なので気にすることはありません。mineoはデータ通信に関する機能が充実しています。

音声通話

楽天モバイル
NURO
mineo
ワイモバイル
通話定額
転送電話
迷惑電話拒否-
留守番電話
割り込み通話
990ジャスト
QTモバイル
リペアSIM
スマホ電話
通話定額
転送電話
迷惑電話拒否
留守番電話
割り込み通話

楽天モバイルはRakuten Linkというアプリを利用すれば通話料金が無料になるのが大きいです。それ以外の格安SIMは無料留守番電話、有料留守番電話、かけ放題、転送電話、ナンバーブロック、割込通話に対応しています。

支払い方法

楽天モバイル
NURO
mineo
ワイモバイル
クレカ
デビカ--
プリカ---
口座振替--
銀行コンビニ----
990ジャスト
QTモバイル
リペアSIM
スマホ電話
クレカ
デビカ----
プリカ----
口座振替----
銀行コンビニ----

楽天モバイルはクレジットカードがなくても、デビットカードや口座振替で支払いができます。mineoはデビットカードで支払いができます。ワイモバイルは口座振替で支払いができます。

サポート

楽天モバイル
NURO
mineo
ワイモバイル
店舗サポート--
訪問サポート-
遠隔サポート
990ジャスト
QTモバイル
リペアSIM
スマホ電話
店舗サポート---
訪問サポート----
遠隔サポート----

mineo、ワイモバイル、QTモバイルは店舗でサポートが受けられます。店舗数の多さで選ぶならワイモバイルです。楽天モバイルは有償で電話や遠隔操作によるサポートが受けられます。

手続き

楽天モバイル
NURO
mineo
ワイモバイル
未成年契約--
手動回線切替
他者名義変更-
990ジャスト
QTモバイル
リペアSIM
スマホ電話
未成年契約----
手動回線切替
他者名義変更----

楽天モバイルとワイモバイルは未成年でも契約できます。いずれの格安SIMも他社から乗り換えるときに手動で回線切り替えができます。楽天モバイルとmineoとワイモバイルは名義変更できます。

留守電無料の格安SIM まとめ

楽天モバイルが本命です。留守番電話が無料、基本料金も1回線目は1GBまで無料、通話料金もRakuten Linkを利用すれば無料です。NUROモバイルも決して悪くはありませんが、基本料金や通話料金では楽天モバイルに見劣りします。

楽天モバイル

留守電無料の格安SIM コラム

留守電無料の格安SIMにこだわるべきか

格安SIMには留守番電話が無料のものと有料のものがあります。もちろん余計なお金がかからないに越したことはありません。そういう意味で留守電無料の格安SIMに魅力を感じるのは確かです。

しかし何を差し置いてでも留守電無料の格安SIMにこだわるべきかというと、私はそうは思いません。留守番電話が無料だからといって、格安SIMそのものが安上がりだとは限らないからです。

例えばA社のプランが月額1000円、留守番電話が月額0円、合計が月額1000円だとします。B社のプランが月額600円、留守番電話が月額300円、合計が月額900円だとします。この場合はB社の方が安上がりです。

実際にはこのような低価格帯は価格競争が激しいため、基本料金に何百円もの差がつくことはめったにありませんが、中価格帯から高価格帯になってくると、それも珍しいことではなくなってきます。

何が言いたいのかというと、留守番電話が無料でも基本料金が高ければ台無しになるし、留守番電話が有料でも基本料金が安ければ帳消しになるので、バランスが大事だということです。

それからキャンペーンのことも考慮に入れておきたいところです。基本料金が高くても、キャンペーンによる割引やポイント還元やキャッシュバックがあれば、短期的にはむしろ安く済ませられる可能性があります。

格安SIMの留守番電話が無料かどうかということが、必ずしも格安SIMの優劣を決定づけるわけではありません。留守番電話の料金にばかり固執せず、それ以外のことにも視野を広げてみてください。

留守電ありの格安SIMにこだわるべきか

スマートフォンや携帯電話のプランを契約したら留守番電話が利用できるようになるのは当然だと思われがちですが、格安SIMに関して言えばそんなことはありません。留守番電話がない格安SIMも存在します。

留守番電話がない格安SIMなんて嫌だ、留守番電話がある格安SIMがいい、できれば留守電無料の格安SIMがいい、そういう考えも分からないではありません。しかし留守番電話がある格安SIMにそこまでこだわるべきなのでしょうか。

確かに留守番電話があれば便利なことは便利です。手が離せなくて電話に出られないときも、着信音が鳴り続けたり、相手を呼び出し中のまま待たせてしまったりすることがなくなります。

とはいえ留守番電話がなくても日常生活に支障を来すわけではありません。仕事に用いるならともかく、そうでなければ留守番電話があろうとなかろうと大きな問題になることはほとんどありません。ちょっと不便になるだけです。

着信音が鳴り続けるのが嫌なら、マナーモードにしておけばいいだけの話です。相手を呼び出し中のまま待たせてしまうのはどうしようもありませんが、ほんの数秒間のことなので我慢してもらいましょう。

相手がメッセージを残すにしても、代替手段はLINEやメールやSMSなどいろいろとあります。ほとんどの場合、留守番電話でなければならない理由はありません。ちなみにSMSならガラケーの音声通話専用プランでも送信できます。

留守番電話ありきで格安SIMを選別しなければならないほど、留守番電話というサービスの重要度が高いとは思いません。もっと大事なことがいくらでもあります。留守番電話がないからといってあまり気にしないでください。

格安SIMの留守電をスマート留守電で代用

格安SIMの留守番電話の機能に不満があったり、留守番電話がなかったりするときは、スマート留守電で代用することを考えてみてください。スマート留守電はソースネクストが開発した留守番電話アプリです。

留守番電話アプリの定番ともいえる存在です。いろいろな格安SIMのオプションとして提供されているため、格安SIMの利用者にとってもなじみが深く、標準的な機能としての留守番電話がない格安SIMではとりわけ重宝されています。

一般的な留守番電話にはないさまざまな機能があります。例えばメッセージを文字に起こしてLINEやメールに転送したり、タッチした文字の部分からメッセージを再生したり、センターに発信せずにメッセージを再生したりできます。

メッセージの音声と文字のデータはスマート留守電センターに保存されます。保存件数や保存期間に制限はありません。つまり将来的に別の通信事業者に乗り換えても、大事なメッセージが失われずに済むわけです。

ただし格安SIMのオプションとしてスマート留守電の申し込みをする場合は、格安SIMの解約と同時にスマート留守電も解約になることがあり、メッセージが失われてしまいます。よって単独で申し込みをすることを推奨します。

単独で申し込みをしたときの料金は、iOSなら月額360円(税込)、Androidなら月額319円(税込)です。決して安くはありませんが、一般的な留守番電話に同じくらいの金額を費やすよりはずっとましです。

なおスマート留守電を利用するには、音声通話を転送する機能がある特定の通信事業者の回線を契約している必要があります。公式サイトに通信事業者の一覧がありますが、念のため事前に確認を取っておいてください。

迷ったら楽天モバイル

迷ったら楽天モバイルです。留守番電話が無料、基本料金も1回線目で1GBまでなら無料、通話料金もRakuten Linkを利用すれば無料と、文句のつけようがありません。とにかくお得という一言に尽きます。

楽天モバイル