格安SIM比較ウェブ

無制限かけ放題の格安SIM

2020年12月3日更新

無制限かけ放題の格安SIMを比較しています。無条件に無制限かけ放題のものだけでなく、IP電話アプリからの発信のみ無制限かけ放題のものや、通話料金上位3人への発信のみ無制限かけ放題のものも含めています。

無制限かけ放題の格安SIM おすすめ

楽天モバイルがおすすめです。たった月額2980円(税抜)で、国内通話と国内SMSが使い放題、データ通信が高速か最大1Mbpsで使い放題という、格安SIMの常識を覆すプランが話題を呼んでいます。

※楽天モバイルの申し込みをする際、申し込み内容の確認ページで「楽天モバイルIDを入力」を押し、紹介コード「nru2F6j3Kpm4」を入力し、「適用する」を押すと、1000ポイントがもらえます。ぜひ利用してください。

※2020年12月1日現在、あと5人まで紹介コードを利用できます。すでに5人が紹介コードを利用済みの場合は、紹介コードを入力してもポイントはもらえません。先着順ですのでお早めに。

楽天モバイル

楽天モバイル

追加料金なしで無制限かけ放題の格安SIM

無制限かけ放題の格安SIMといえば、楽天モバイルです。追加料金を支払うことなく、携帯電話や固定電話への国内通話が無制限かけ放題になっています。時間制限も、回数制限も、人数制限もありません。

基本料金は月額2980円(税抜)です。これに他の格安SIMでいうところの無制限かけ放題オプション料金が含まれていると考えてください。費用対効果の高さは他を圧倒しています。

Rakuten Linkという専用電話アプリから発信すれば無制限かけ放題で、標準電話アプリから発信すれば30秒20円(税抜)の通話料金が発生します。ナビダイヤルなど一部の電話番号は、無制限かけ放題の対象外です。

国際通話かけ放題というオプションも用意されています。月額980円(税抜)の追加料金を支払うことで、指定された国と地域への国際電話が無制限かけ放題になるというものです。こちらも必要に応じて加入を検討してみてください。

そして楽天モバイルの見どころは音声通話だけではありません。データ通信も、楽天回線エリアなら高速で使い放題、au回線エリアなら最大1Mbpsで使い放題です。つまり音声通話もデータ通信も使い放題というわけです。

※楽天モバイルの申し込みをする際、申し込み内容の確認ページで「楽天モバイルIDを入力」を押し、紹介コード「nru2F6j3Kpm4」を入力し、「適用する」を押すと、1000ポイントがもらえます。ぜひ利用してください。

※2020年12月1日現在、あと5人まで紹介コードを利用できます。すでに5人が紹介コードを利用済みの場合は、紹介コードを入力してもポイントはもらえません。先着順ですのでお早めに。

楽天モバイル

HISモバイル

追加料金なしで無制限かけ放題の格安SIM

HISモバイルの格安かけ放題プランは、基本料金のみで携帯電話や固定電話への国内通話が無制限かけ放題です。通話料金やかけ放題オプション料金を支払う必要はありません。

基本料金は月額2480円(税抜)です。無制限かけ放題の格安SIMとしては最安級です。2020年6月30日の総務省裁定によって原価ベースでのサービス提供が可能になったため、このような価格が実現しています。

データ通信は従量制です。3GBまでは月額2480円(税抜)ですが、3GBを超えると1GBにつき250円(税抜)ずつ高くなっていきます。とはいえ通信量の上限は引き下げられるので、心配は要りません。

無制限かけ放題の適用を受けるために、専用電話アプリから発信する必要もなく、プレフィックス番号を付加する必要もなく、標準電話アプリから発信するだけでいいというのもうれしいところです。

なおHISモバイルには無制限かけ放題ではないビタッ!プランもありますが、格安かけ放題プランとビタッ!プランの間でプラン変更はできません。どちらにするべきか、よく考えてから決めるようにしてください。

HISモバイル

日本通信SIM

追加料金なしで無制限かけ放題の格安SIM

日本通信SIMは、無制限かけ放題の格安SIMです。合理的かけほプランに無制限かけ放題が含まれており、追加料金を支払うことなく、携帯電話や固定電話への国内通話が無制限かけ放題になっています。

基本料金は月額2480円(税抜)です。無制限かけ放題の格安SIMとは思えない安さです。他の格安SIMなら無制限かけ放題オプションだけで同じくらいのお金を取られてもおかしくありません。

ただし通信量が3GBを超えると、30GBに達するまで1GBにつき250円(税抜)ずつ課金されていくので、注意が必要です。通信量の上限を引き下げておけば、それ以上は課金されません。

専用電話アプリから発信したり、プレフィックス番号を付加したりしなくても、標準電話アプリから発信するだけで無制限かけ放題になります。ナビダイヤル、番号案内、衛星電話などは対象外です。

将来的に電話をかける頻度が少なくなったとき、無制限かけ放題オプションだけを解約するということができないのが欠点といえば欠点ですが、そのつもりがないなら大きな問題ではありません。

ワイモバイル

1000円で無制限かけ放題の格安SIM

ワイモバイルは、無制限かけ放題の格安SIMです。月額1000円(税抜)の追加料金を支払うことで、携帯電話や固定電話への国内通話が無制限かけ放題になる、スーパーだれとでも定額というオプションがあります。

無制限かけ放題なしだと、通話時間が1回10分を超えた状態が25分続けば、通話料金が1000円(税抜)に達します。それよりも長電話するつもりなら、無制限かけ放題を検討するべきです。

専用電話アプリから発信する必要はなく、標準電話アプリから発信するだけで、無制限かけ放題が適用されます。留守番電話センター、ナビダイヤル、テレドーム、番号案内などは対象外です。

通話時間が短ければ、10分かけ放題だけで事足りることもあります。スマホベーシックプランには10分かけ放題が標準で付帯しており、通話時間が1回10分以内なら通話料金が発生しません。

基本料金は、3GBなら月額2680円(税抜)、10GBなら月額3680円(税抜)、14GBなら月額4680円(税抜)です。やや高めですが、新規割で負担が軽減されることを思えば、こんなものでしょう。

ワイモバイル

UQ mobile

1700円で無制限かけ放題の格安SIM

UQ mobileは、無制限かけ放題の格安SIMです。月額1700円(税抜)のかけ放題(24時間いつでも)というオプションを追加すれば、文字通り24時間いつでも、国内通話がかけ放題になります。

無制限かけ放題なしだと、通話時間が42分30秒の時点で、通話料金が1700円(税抜)に達します。つまり42分30秒以上電話をするつもりなら、無制限かけ放題ありの方が得をするということになります。

専用電話アプリはなく、標準電話アプリから発信するだけで無制限かけ放題の対象になります。もちろん事前に無制限かけ放題の申し込みは必要です。なお一部の電話番号は無制限かけ放題の対象外です。

かけ放題(24時間いつでも)の他に、月額700円(税抜)のかけ放題(10分/回)というオプションと、月額500円(税抜)の通話パック(60分/月)というオプションもあり、状況に応じて最適なものを選択できます。

基本料金は、プランに10分かけ放題が含まれていない分だけ安くなっており、3GBなら月額1980円(税抜)、10GBなら月額2980円(税抜)です。以前は14GBプランもありましたが、すでに受け付けが終了しています。

UQ mobile

イオンモバイル

イオンモバイルは、050かけ放題というオプションを追加すると、IP電話アプリの国内通話が無制限かけ放題になる格安SIMです。登録事務手数料1000円(税抜)と、月額1500円(税抜)を支払う必要があります。

無制限かけ放題の元を取るには、登録事務手数料を度外視すれば、通話時間が75分を超えるかどうかというのが判断基準になります。無制限かけ放題なしだと、通話時間が75分の時点で、通話料金が1500円(税抜)に達するからです。

050から始まる電話番号が付与され、050IP電話という専用電話アプリで発信することになります。音声プランだけでなくデータプランでも利用できるのがメリットですが、通信容量を消費するというデメリットもあります。

もう少し安く済ませたいなら、イオンでんわ10分かけ放題というオプションもあります。こちらは月額850円(税抜)で、国内通話が1回10分までかけ放題になります。1回10分を超えると30秒10円(税抜)の通話料金が掛かります。

プランが500MBから50GBまで幅広いことと、基本料金が最安値級であることから、無制限かけ放題の格安SIMとしては有力候補に挙げられます。あとはIP電話の無制限かけ放題であることを許容できるかどうかです。

イオンモバイル

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは、3人まで無制限かけ放題の格安SIMです。通話料金が上位3位までの電話番号を対象として、通話料金が無料になる、OCNでんわ トップ3かけ放題オプションがあります。料金は月額850円(税抜)で初月無料です。

3人にしか電話をかけないと仮定すると、通話時間が42分を超えれば、月額850円(税抜)の元が取れるということになります。かけ放題なしだと、通話時間が42分30秒の時点で、通話料金が850円(税抜)になるからです。

OCNでんわという専用電話アプリで発信するか、電話番号の先頭に「003544」というプレフィックス番号を付けて発信する必要があります。緊急通報、フリーダイヤル、ナビダイヤルなどには発信できません。

OCNでんわ 10分かけ放題オプションは、月額850円(税抜)で初月無料です。3人かけ放題と10分かけ放題がセットになった、OCNでんわ かけ放題ダブルオプションは、月額1300円(税抜)で初月無料です。

ちなみにOCN モバイル ONEには、IP電話アプリの050 plusが半額の月額150円(税抜)になる特典があります。無制限かけ放題にならない相手への通話料金を抑えるために、こちらもうまく使いこなしたいところです。

OCN モバイル ONE

QTモバイル

QTモバイルは、無制限かけ放題の格安SIMです。月額2500円(税抜)の無制限かけ放題というオプションで、国内通話が無制限かけ放題になります。なお法人は申し込みができません。

月額2500円(税抜)の元が取れるのは、通話時間が83分を超えるときです。無制限かけ放題なしだと、通話料金は30秒15円(税抜)になるので、83分30秒で2505円(税抜)という計算になります。

かけ放題にするには、QTmobileアプリという専用電話アプリで発信するか、電話番号の先頭に「0037692」のプレフィックス番号を付けて発信する必要があります。緊急通報、フリーダイヤル、ナビダイヤルなどには発信できません。

無制限かけ放題の他に、10分かけ放題というオプションもあります。個人なら月額850円(税抜)、法人なら月額1500円(税抜)です。無制限かけ放題と10分かけ放題を通じて初めての申し込みなら、初月は無料になります。

ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアに対応しており、どこの端末を使っていても乗り換えられるというのが強みです。九州電力グループの格安SIMなので、マイナーではあるものの、信頼性は申し分ありません。

QTモバイル

LIBMO

LIBMOには、月額1300円(税抜)で上位3位と1回10分の通話料金が無料になる、かけ放題ダブルというオプションがあります。つまり3人まで無制限かけ放題の格安SIMなのです。ちなみに3人かけ放題だけのオプションはありません。

かけ放題なしだと、通話時間が32分30秒の時点で、通話料金が1300円(税抜)に達します。それくらい電話をかけるつもりなら、かけ放題にしても元が取れる可能性が高いです。

0035でんわという専用電話アプリで発信するか、電話番号の先頭に「003545」というプレフィックス番号を付けて発信する必要があります。緊急通報、フリーダイヤル、ナビダイヤルなど、発信できない電話番号もあります。

10分かけ放題は月額850円(税抜)、通話パック30は月額880円(税抜)です。いずれも無制限かけ放題とは程遠いですが、ともあれ通話料金を抑えるための選択肢が多いのはいいことです。

基本料金の安さはまずまずといったところです。しかしいかんせん完全に無制限かけ放題の格安SIMではないので、通話料金が高くつくかもしれないという不安要素も抱えており、一押しとまではいえません。

LIBMO

y.u mobile

y.u mobileは、無制限かけ放題の格安SIMです。月額2700円(税抜)の無制限かけ放題というオプションで、国内通話が無制限かけ放題になります。ただし1回の通話時間が2時間を超えるといったん切断されます。

無制限かけ放題を追加しなかった場合、通話時間が135分の時点で、通話料金が2700円(税抜)になります。毎月2時間以上の長電話をするつもりなら、無制限かけ放題を追加しておくべきです。

y.uでんわという専用電話アプリで発信するか、電話番号の先頭に「0037692」といプレフィックス番号を付けて発信することで、無制限かけ放題になります。緊急通報、フリーダイヤル、ナビダイヤルなどは対象外です。

無制限かけ放題を持て余すようなら、月額780円(税抜)の10分かけ放題というオプションも検討してみてください。1回の通話時間が10分を超えても、通話料金は30秒10円(税抜)と通常の半額になります。

基本料金は高めですが、無期限で通信容量を繰り越せたり、安価に通信容量を追加できたりする特徴を持ちます。それらに魅力を感じるなら、y.u mobileを選ぶのも悪くありません。

無制限かけ放題の格安SIM 料金比較

※価格は税抜き

通話プラン+無制限かけ放題

プラン最安次点
500MBイオン-
2630円-
1GBイオンQT D
QT A
2780円3950円
2GBイオン-
2880円-
3GBHIS
日本通信
ワイモバ
UQ
2480円3680円
4GBイオン-
3080円-
6GBイオンQT D
QT A
3480円4750円
8GBイオン-
4180円-
10GBワイモバ
UQ
QT D
QT A
4680円5750円
12GBイオン-
4480円-
14GBイオンワイモバ
5080円5680円
20GBイオンQT D
QT A
5480円7400円
30GBイオンQT D
QT A
6480円9400円
40GBイオン-
7480円-
50GBイオン-
8480円-
無制限楽天-
2980円-

楽天モバイル、HISモバイル、日本通信SIMは、無制限かけ放題オプションの追加料金が不要なので、とにかく安いです。ワイモバイルとUQ mobileの3GBプランと10GBプランは、無制限かけ放題オプション付きだと同じ金額です。

通話プラン+3人無制限かけ放題

プラン最安次点
低速LIBMO-
2480円-
1GBOCN-
2030円-
3GBOCNLIBMO
2330円2880円
6GBOCNLIBMO
2830円3480円
10GBOCNLIBMO
3730円4280円
20GBOCNLIBMO
5250円5980円
30GBOCNLIBMO
6830円7880円

OCN モバイル ONEは上位3位だけのかけ放題で、LIBMOは上位3位と1回10分のかけ放題です。OCN モバイル ONEが上位を占めていますが、LIBMOも1回10分のかけ放題が含まれている割には安いです。

無制限かけ放題の格安SIM 仕様比較

割引

楽天
HIS
日本通信
ワイモバ
UQ
初月無料-----
セット割---
複数回線割---
ポイント還元----
イオン
OCN
QT
LIBMO
y.u
初月無料----
セット割---
複数回線割-----
ポイント還元--

割引といえばワイモバイルです。6カ月間700円(税抜)引きになる新規割に加え、固定回線とのセット割引や、家族割引などもあります。OCN モバイル ONEにも、固定回線とのセット割引があります。

回線

楽天
HIS
日本通信
ワイモバ
UQ
ドコモ---
au----
ソフトバンク----
楽天----
イオン
OCN
QT
LIBMO
y.u
ドコモ
au---
ソフトバンク----
楽天-----

イオンモバイルはドコモとauの2キャリアに対応しています。QTモバイルはドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアに対応しています。その他はすべて1キャリアのみ対応しています。

データ通信

楽天
HIS
日本通信
ワイモバ
UQ
速度切り替え---
バースト転送-----
容量繰り越し----
容量シェア----
容量追加--
Wi-Fiスポット--
メールアドレス---
イオン
OCN
QT
LIBMO
y.u
速度切り替え--
バースト転送---
容量繰り越し
容量シェア--
容量追加
Wi-Fiスポット---
メールアドレス---

イオンモバイルとOCN モバイル ONEは、データ通信に関する機能が充実しています。ワイモバイルは通信速度の切り替えと通信容量の繰り越しに対応しておらず、通信容量を節約しにくいのが難点です。

通話

楽天
HIS
日本通信
ワイモバ
UQ
通話割引アプリ---
通話定額
IP電話-----
転送電話
迷惑電話ストップ-
留守番電話
キャッチホン
イオン
OCN
QT
LIBMO
y.u
通話割引アプリ-
通話定額
IP電話---
転送電話-
迷惑電話ストップ-
留守番電話
キャッチホン

いずれの格安SIMにも、無制限かけ放題か、3人まで無制限かけ放題のオプションが用意されています。y.u mobileは、転送電話と迷惑電話ストップサービスに対応していません。

支払い方法

楽天
HIS
日本通信
ワイモバ
UQ
クレジットカード
デビットカード---
プリペイドカード-----
口座振替--
振り込み-----
イオン
OCN
QT
LIBMO
y.u
クレジットカード
デビットカード----
プリペイドカード-----
口座振替-----
振り込み-----

楽天モバイルはクレジットカードに加え、デビットカード、口座振替でも支払いができます。ワイモバイルとUQ mobileも口座振替で支払いができますが、申し込み方法が限られており、手間が掛かります。

サポート

楽天
HIS
日本通信
ワイモバ
UQ
セキュリティー--
端末保証--
訪問サポート----
遠隔サポート--
イオン
OCN
QT
LIBMO
y.u
セキュリティー--
端末保証
訪問サポート-
遠隔サポート--

サポートを重視するなら、ワイモバイル、UQ mobile、イオンモバイル、OCN モバイル ONEあたりがいいでしょう。ワイモバイル、UQ mobileなら、全国各地の至るところに店舗があるので、サポートが受けやすいです。

手続き

楽天
HIS
日本通信
ワイモバ
UQ
未成年契約--
MNP手動切り替え
プラン変更---
サイズ変更
イオン
OCN
QT
LIBMO
y.u
未成年契約----
MNP手動切り替え
プラン変更
サイズ変更

楽天モバイル、ワイモバイル、UQ mobileなどは、未成年で契約できます。楽天モバイル、日本通信SIM、ワイモバイルなどは、SIMカード配送後にMNP転入の切り替えができるので、ほとんど不通期間が生じません。

無制限かけ放題の格安SIM まとめ

楽天モバイルは国内通話と国内SMSが使い放題、データ通信が高速か最大1Mbpsで使い放題という、自由度が高いプランに魅力を感じます。HISモバイルと日本通信SIMはデータ通信を使えば使うほど高くなっていくのが難点です。

※楽天モバイルの申し込みをする際、申し込み内容の確認ページで「楽天モバイルIDを入力」を押し、紹介コード「nru2F6j3Kpm4」を入力し、「適用する」を押すと、1000ポイントがもらえます。ぜひ利用してください。

※2020年12月1日現在、あと5人まで紹介コードを利用できます。すでに5人が紹介コードを利用済みの場合は、紹介コードを入力してもポイントはもらえません。先着順ですのでお早めに。

楽天モバイル

無制限かけ放題の格安SIM コラム

格安SIMの無制限かけ放題は適用されないことも

格安SIMの無制限かけ放題は場合によっては適用されないことがあります。意図せず通話料金が発生することのないように、格安SIMの無制限かけ放題が適用される条件を確認しておきましょう。

まず前提条件として、無制限かけ放題オプションに加入しなければならない格安SIMや、専用電話アプリから発信しなければならない格安SIMが多いです。無条件に無制限かけ放題の格安SIMはほとんどありません。

ブラウザーで電話番号のリンクをタップして電話をかけようとしたり、標準電話アプリの着信履歴から折り返しの電話をかけようとしたりすると、つい専用電話アプリの存在を忘れてしまいがちなので、注意してください。

楽天モバイルの場合は、専用電話アプリ以外からの発信、国際電話、ナビダイヤル、テレドーム、災害用伝言ダイヤル、天気予報、時報サービス、消費者ホットライン、留守番電話などには、無制限かけ放題が適用されません。

日本通信SIMとHISモバイルの場合は、国際電話、ナビダイヤル、テレドーム、消費者ホットライン、番号案内、衛星電話、衛生船舶電話などには、無制限かけ放題が適用されません。

他の格安SIMもだいたい似たようなものです。国際電話も含めて無制限かけ放題になることはまずありませんし、特番と呼ばれるナビダイヤルやテレドームなどの他社接続サービスも無制限かけ放題になることはありません。

そもそもプレフィックス番号を付与する形式の専用電話アプリは、特番に発信できないようになっていることがほとんどなので、その場合は無制限かけ放題が適用されるかどうか以前の問題です。

格安SIMの無制限かけ放題がアプリ不要だと便利

格安SIMの無制限かけ放題は大きく分けて二つあります。専用電話アプリが必要なものと、専用電話アプリが不要なものです。後者は何かと便利なので、できればそのようなものを選びたいところです。

専用電話アプリが不要なら標準電話アプリさえあればいいので、ホーム画面でアプリ二つ分の場所を取ることもありませんし、アプリを間違えて通話料金が発生してしまうこともありません。

ブラウザーなどのアプリ内で電話番号のリンクをタップしたときも、標準電話アプリと専用電話アプリがあると話がややこしくなってきますが、標準電話アプリだけなら難しいことを考えずに済みます。

専用電話アプリ自体の使い勝手が良くないという問題もあります。例えばアプリによってはしょっちゅうログインやアップデートを求められますし、iOSアプリはOSの仕様で着信履歴が表示されません。

このように専用電話アプリが必要な無制限かけ放題の格安SIMにはデメリットしかなく、逆に専用電話アプリが不要な無制限かけ放題の格安SIMにはメリットしかありません。後者を選ぶべきなのは誰の目にも明らかです。

しかし今のところ専用電話アプリが不要な無制限かけ放題の格安SIMは数えるほどしかなく、さまざまな事情から専用電話アプリが必要な無制限かけ放題の格安SIMを選ばざるを得ないこともあります。

それでも日本通信SIMやHISモバイルのような先例はあるわけですから、専用電話アプリなしで無制限かけ放題になる格安SIMが、今後はMVNOから続々と登場してくることを期待したいものです。

格安SIMの無制限かけ放題に頼らない節約術

無制限かけ放題の格安SIMはどうしても維持費が高くついてしまいます。無制限かけ放題なしでやりくりできるなら、それに越したことはありません。無制限かけ放題に頼らないでお金を節約することも考えてみてください。

そもそも誰かと連絡を取るときに、すべて電話で済まそうとしていないでしょうか。LINE、Messenger、Skype、FaceTime、iMessage、メールなど、通話料金が発生しない連絡手段はいくらでもあります。

どうしても電話しなければならないときは、My 050、050 plus、LaLa CallなどのIP電話アプリで電話するという手があります。同一アプリ間の通話料金は無料ですし、それ以外の通話料金も固定電話並みに安いです。

あるいは無制限かけ放題オプションにせず、10分かけ放題オプション、5分かけ放題オプション、3分かけ放題オプションにするだけでも、使い方によってはお金を節約できる可能性があります。

ちなみに私はメールかIP電話アプリで連絡することが多く、たまにSMSで連絡することもあります。電話をかけることはめったにないので、格安SIMにかけ放題オプションは付けていません。

とりあえず無制限かけ放題の格安SIMでなくてもやっていけるかどうか、しばらく試してみるのもいいと思います。そしてそれが難しいようなら、そのとき初めて無制限かけ放題の格安SIMに乗り換えればいいのです。

大手の格安SIMは最低利用期間や解約金がないものばかりなので、もし無制限かけ放題の格安SIMに短期間で乗り換えることになっても、それほど大きな痛手にはなりません。そういう意味では安心していいでしょう。

迷ったら楽天モバイル

迷ったら楽天モバイルです。月額2980円(税抜)で音声通話もSMSもデータ通信もたっぷり使えるという分かりやすいプランなので、いちいち細かいことを考えたくないならこれで決まりです。

※楽天モバイルの申し込みをする際、申し込み内容の確認ページで「楽天モバイルIDを入力」を押し、紹介コード「nru2F6j3Kpm4」を入力し、「適用する」を押すと、1000ポイントがもらえます。ぜひ利用してください。

※2020年12月1日現在、あと5人まで紹介コードを利用できます。すでに5人が紹介コードを利用済みの場合は、紹介コードを入力してもポイントはもらえません。先着順ですのでお早めに。

楽天モバイル