格安SIM比較ウェブ

2枚でシェアできる格安SIMを比較

2018年10月22日更新

2枚でシェアできる格安SIMを比較しています。格安SIMの中には、1人の契約者が2枚以上のSIMカードを発行し、それらの間で通信容量をシェアできるものがあります。ここではそれを2枚でシェアできる格安SIMと呼びます。

2台持ちや家族のために2枚目のSIMカードが必要になったときは、2枚でシェアできる格安SIMにすることで、費用を削減できる可能性があります。格安SIMの子回線は、初期費用や基本料金が安上がりであることが多いからです。

申し込みが1回で済み、手間が省けるというのもいいところです。プランによっては利用開始時に1枚しかSIMカードを発行できないこともありますが、大抵は2枚のSIMカードを同時に発行できるようになっています。

どの格安SIMにするか迷ったら、2枚分の初期費用と基本料金がなるべく安いものを選んでみてください。どちらかといえば初期費用よりも基本料金を重視するべきです。長い目で見れば、基本料金が安ければ安いほど得をするからです。

おすすめはBIGLOBEモバイルです。合計5枚までのSIMカードで通信容量をシェアできます。2枚目の基本料金が月額200~900円(税別)と安く、費用を抑えやすいです。1枚目と異なる名義でMNP転入できるのもいいところです。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、3ギガプラン以上で合計5枚までシェアSIMを追加できます。2枚目の基本料金が安く、費用対効果に優れています。2枚目は家族名義でもMNP転入できますが、その場合は利用開始後に追加する必要があります。

2枚目の初期費用は3394円(税別)です。2枚目の基本料金は、音声通話対応プランなら月額900円(税別)、SMS対応プランなら月額320円(税別)、データ通信専用プランなら月額200円(税別)で、初月無料です。

シェアSIM紹介ページからシェアSIM申し込みページにアクセスすれば、2枚同時に申し込みができます。通常の申し込みページでは1枚しか申し込みができないようになっているので、注意してください。

BIGLOBEモバイル

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは、すべてのプランで合計5枚まで容量シェアSIMを追加できます。通信容量が1日単位の110MB/日コースや170MB/日コースも、もちろん例外ではありません。2枚目へのMNP転入は本人名義のみ可能です。

2枚目の初期費用は、音声通話対応プランなら3394円(税別)、データ通信専用プランなら2194円(税別)です。2枚同時に申し込みをするなら、SIMカード手配料の394円(税別)を除いて無料になります。

2枚目の基本料金は、音声通話対応プランなら月額1100円(税別)、SMS対応プランなら月額520円(税別)、データ通信専用プランなら月額400円(税別)です。いずれも初月無料です。

OCN モバイル ONE

DMMモバイル

DMMモバイルは、1GBプラン以上で合計3枚までSIMカードを追加できます。ただし利用開始時に2枚以上発行できるのは8GBプラン以上に限られます。2枚目へのMNP転入は本人名義のみ可能で、利用開始後に追加する必要があります。

2枚目の初期費用は、利用開始時なら394円(税別)で、利用開始後なら3394円(税別)です。利用開始後に2枚目を追加するしかない1~7GBプランでは、どうしても初期費用が高くついてしまいます。

2枚目の基本料金は、音声通話対応プランなら月額1000円(税別)、SMS対応プランなら月額450円(税別)、データ通信専用プランなら月額300円(税別)です。8GBプラン以上だと300円(税別)安くなります。

DMMモバイル

IIJmio

IIJmioは、ファミリーシェアプランで合計3枚、利用開始後に合計10枚、他のプランでは利用開始後に合計2枚までSIMカードを追加できます。音声通話機能付きSIMは合計5枚までです。2枚目へのMNP転入は本人名義のみ可能です。

2枚目の初期費用は、ドコモ回線プランなら2394円(税別)、au回線プランなら2406円(税別)です。ファミリーシェアプランの利用開始時は2000円(税別)が免除されます。

2枚目の基本料金は、音声通話対応プランなら月額1100円(税別)、SMS対応プランなら月額540円(税別)、データ通信専用プランなら月額400円(税別)です。ファミリーシェアプランだと400円(税別)安くなります。

IIJmio

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは、2枚でシェアできる格安SIMです。3枚コースで合計5枚までSIMカードを追加できます。ただし0~3GBプランは合計3枚までです。2枚目へのMNP転入は本人名義のみ可能で、2枚同時に申し込みができます。

2枚目の初期費用は、利用開始時なら394円(税別)で、利用開始後なら3394円(税別)です。なるべく利用開始時に2枚目を追加しておくべきなのは、言うまでもありません。せっかくなので3枚目まで追加しておきたいところです。

2枚目の基本料金は、音声通話対応プランなら月額700円(税別)、SMS対応プランなら月額140円(税別)、データ通信専用プランなら無料です。ちなみに4枚目から390円(税別)高くなります。

エキサイトモバイル

イオンモバイル

イオンモバイルでシェア音声プランを選択すると、合計5枚までSIMカードを追加し、通信容量をシェアできます。2枚目は本人名義でMNP転入でき、2枚同時に申し込みができます。

2枚目の初期費用は3000円(税別)です、2枚目の基本料金は、音声通話対応プランなら月額700円(税別)、SMS対応プランなら月額140円(税別)、データ通信専用プランなら無料で、いずれも4枚目から200円(税別)高くなります。

シェア音声プランは、ウェブや後日配送お渡し店舗から申し込みができず、ご契約即日お渡し店舗から申し込みをする必要があります。公式サイトで最寄りの店舗を調べ、足を運ぶようにしてください。

LIBMO

LIBMOにはデータシェアオプションがあり、3GBプラン以上で合計3枚までSIMカードを追加し、通信容量をシェアできるようになっています。2枚目は本人名義でMNP転入でき、2枚同時に申し込みができます。

2枚目の初期費用は3394円(税別)です。2枚目の基本料金は、音声通話対応プランなら月額820円(税別)、SMS対応プランなら月額260円(税別)、データ通信専用プランなら月額120円(税別)です。

1枚目と2枚目の基本料金がいずれも安く、2枚でシェアできる格安SIMとしては費用対効果がいい部類に入ります。いかんせんマイナーなので敬遠されがちですが、サービスそのものは決して悪くありません。

LinksMate

LinksMateは、2枚でシェアできる格安SIMです。すべてのプランで合計5枚までSIMカードを追加できます。2枚目へのMNP転入は本人名義のみ可能で、利用開始後に追加する必要があります。

2枚目の初期費用は3400円(税別)です。2枚目の基本料金は、音声通話対応プランなら月額900円(税別)、SMS対応プランなら月額300円(税別)です。データ通信専用プランは提供されていません。

ゲームと連携して特典がもらえるサービスは、SIMカード単位ではなくグループ単位で提供されます。つまり特典目当てでSIMカードを追加しても意味がないということです。カウントフリーオプションは2枚目でも有効です。

Tikimo SIM

Tikimo SIMのシェアプランは、利用開始時に合計3枚、利用開始後に合計5枚までSIMカードを追加し、通信容量をシェアできるプランです。2枚目へのMNP転入は本人名義のみ可能で、2枚同時に申し込みができます。

2枚目の初期費用は、ドコモ回線プランなら2641円(税別)、au回線プランなら2706円(税別)です。2枚同時に申し込みをしたからといって、他の格安SIMのように初期費用が安くなるようなことはありません。

2枚目の基本料金は、音声通話対応プランなら月額700円(税別)、SMS対応プランなら月額140円(税別)、データ通信専用プランなら無料です。4枚目からは270円(税別)高くなります。

ワイモバイル

ワイモバイルは、スマホプランを親回線、シェアプランを子回線として、合計4枚までSIMカードを追加できます。シェアプランに音声通話対応プランやデータ通信専用プランはなく、SMS対応プランのみです。

2枚目の初期費用は無料です。2枚目の基本料金は、親回線がスマホプランSなら月額980円(税別)、スマホプランMなら月額490円(税別)、スマホプランLなら無料です。

シェアプランで気を付けたいのは、利用開始月からすぐに通信容量がシェアできるわけではないということです。利用開始月には3GBが付与されるだけで、その翌月からようやく通信容量がシェアできるようになります。

2枚でシェアできる格安SIM 料金比較

※表内の金額は税別

通話プラン2枚

容量安値次点
1GBLinksDMM
2000円2260円
2GBDMMエキサイト
2380円2850円
3GBLIBMOBIGLOBE
DMM
2400円2500円
4GBイオンTikimo
2480円3080円
5GBDMMLinks
2910円3000円
6GBイオンLIBMO
2980円3000円
7GBDMM-
3560円-
8GBDMMTikimo
3380円3500円
9GBエキサイト-
3860円-
10GBDMMLIBMO
3590円3800円
12GBIIJmioTikimo
3960円4260円
15GBOCNDMM
3600円4680円
20GBDMMLIBMO
5380円5500円
30GBLinksイオン
6900円7080円
40GBエキサイト-
9980円-
50GBエキサイトTikimo
12080円12150円

DMMモバイルとイオンモバイルがひときわ安いです。BIGLOBEモバイルとOCN モバイル ONEはいまひとつに思えますが、これらは1枚目と2枚目の基本料金が初月無料なので、実際には他の格安SIMに匹敵するほど安いです。

通話プラン1枚 + SMSプラン1枚

容量安値次点
1GBLinksDMM
1400円1710円
2GBDMMエキサイト
1830円2290円
3GBLIBMOBIGLOBE
1840円1920円
4GBイオン Aイオン D
1780円1920円
5GBDMMLinks
2360円2400円
6GBイオン Aイオン D
2280円2420円
7GBDMM-
3010円-
8GBTikimo ADMM
2800円2830円
9GBエキサイト-
3300円-
10GBDMMLIBMO
3040円3240円
12GBIIJmio AIIJmio D
3260円3400円
14GBワイモバ-
5980円-
15GBOCNDMM
3020円4130円
20GBDMMLIBMO
4830円4940円
30GBLinksイオン A
6300円6380円
40GBエキサイト-
9420円-
50GBTikimo Aエキサイト
11450円11520円

音声通話対応プランとSMS対応プランの組み合わせなら、DMMモバイル、イオンモバイル、IIJmio、それから初月無料のBIGLOBEモバイルとOCN モバイル ONE、このあたりが有力候補です。

通話プラン1枚 + データプラン1枚

容量安値次点
1GBDMMエキサイト
1560円1960円
2GBDMMエキサイト
1680円2150円
3GBLIBMOBIG D
1700円1800円
4GBイオン DTikimo D
1780円2380円
5GBDMMOCN
2210円2480円
6GBイオン DLIBMO
2280円2300円
7GBDMM-
2860円-
8GBDMMTikimo D
2680円2800円
9GBエキサイト-
3160円-
10GBDMMLIBMO
2890円3100円
12GBIIJmio DTikimo D
3260円3560円
15GBOCNDMM
2900円3980円
20GBDMMLIBMO
4680円4800円
30GBイオン DLIBMO
6380円6700円
40GBエキサイト-
9280円-
50GBエキサイトTikimo D
11380円11450円

DMMモバイル、イオンモバイル、IIJmio、BIGLOBEモバイル、OCN モバイル ONEなどがやはりおすすめです。エキサイトモバイルも通信容量をシェアしやすい大容量プランが充実しているので、捨て難いものがあります。

2枚でシェアできる格安SIM 仕様比較

キャリア

仕様
BIGLOBE
OCN
DMM
IIJmio
エキサイト
ドコモ
au---
ソフトバンク-----
ワイモバイル-----
仕様
イオン
LIBMO
Links
Tikimo
ワイモバ
ドコモ-
au---
ソフトバンク-----
ワイモバイル----

BIGLOBEモバイル、IIJmio、イオンモバイル、Tikimo SIMには、ドコモ回線プランとau回線プランがありますが、キャリアが1枚目と2枚目で異なっていても、通信容量をシェアできるようになっています。

割引

仕様
BIGLOBE
OCN
DMM
IIJmio
エキサイト
初月無料---
セット割-
家族割----
ポイント還元--
仕様
イオン
LIBMO
Links
Tikimo
ワイモバ
初月無料-----
セット割---
家族割----
ポイント還元----

BIGLOBEモバイルとOCN モバイル ONEは、1枚目と2枚目の基本料金が初月無料なので、他の格安SIMよりも数千円ほど安上がりです。固定回線とのセット割引やポイント還元なども駆使すれば、さらに出費を抑えられます。

支払い方法

仕様
BIGLOBE
OCN
DMM
IIJmio
エキサイト
クレジットカード
デビットカード----
LINE Pay カード-----
口座振替---
振り込み-----
仕様
イオン
LIBMO
Links
Tikimo
ワイモバ
クレジットカード
デビットカード-----
LINE Pay カード-----
口座振替----
振り込み-----

BIGLOBEモバイルは口座振替で支払いができますが、音声通話対応プランは対象外です。つまり2枚のSIMカードで通信容量をシェアするなら、両方ともSMS対応プランかデータ通信専用プランでなければならないということです。

データ通信

仕様
BIGLOBE
OCN
DMM
IIJmio
エキサイト
速度切り替え-
バースト転送-
容量繰り越し
容量シェア
容量追加
Wi-Fiスポット-
メールアドレス---
仕様
イオン
LIBMO
Links
Tikimo
ワイモバ
速度切り替え---
バースト転送-----
容量繰り越し-
容量シェア
容量追加-
Wi-Fiスポット----
メールアドレス---

いずれも2枚のSIMカードで通信容量をシェアできます。ワイモバイル以外は通信容量を翌月に繰り越せます。OCN モバイル ONE、DMMモバイル、IIJmio、エキサイトモバイルは、バースト転送に対応しています。

通話

仕様
BIGLOBE
OCN
DMM
IIJmio
エキサイト
通話割引-
通話定額-
IP電話----
転送電話
迷惑電話ストップ
留守番電話-
キャッチホン-
仕様
イオン
LIBMO
Links
Tikimo
ワイモバ
通話割引--
通話定額
IP電話----
転送電話-
迷惑電話ストップ--
留守番電話
キャッチホン

エキサイトモバイル、LIBMO、ワイモバイルでは、通話料金割引アプリが提供されておらず、さらにエキサイトモバイルでは、かけ放題オプションも提供されていません。電話をかける機会が多いなら、これらの格安SIMには要注意です。

サポート

仕様
BIGLOBE
OCN
DMM
IIJmio
エキサイト
セキュリティー
端末保証
訪問サポート---
遠隔サポート--
仕様
イオン
LIBMO
Links
Tikimo
ワイモバ
セキュリティー--
端末保証-
訪問サポート---
遠隔サポート---

格安SIMの初心者なら、訪問サポートや遠隔サポートが受けられる、BIGLOBEモバイル、OCN モバイル ONE、イオンモバイルあたりがいいでしょう。DMMモバイルやエキサイトモバイルなどは、サポート体制にやや不安が残ります。

手続き

仕様
BIGLOBE
OCN
DMM
IIJmio
エキサイト
未成年契約-
MNP手動切り替え
プラン変更
サイズ変更
仕様
イオン
LIBMO
Links
Tikimo
ワイモバ
未成年契約----
MNP手動切り替え---
プラン変更
サイズ変更

未成年でも契約できるのは、BIGLOBEモバイル、OCN モバイル ONE、DMMモバイル、IIJmio、ワイモバイルです。MNP転入の手動切り替えには、ほとんどの格安SIMが対応しています。

迷ったらBIGLOBEモバイル

2枚でシェアできる格安SIMをどれにするか迷ったときには、費用対効果に優れたBIGLOBEモバイルを選んでみてください。1枚目と2枚目の基本料金が初月無料なので、短期的には他の格安SIMよりも安上がりになる可能性が高いです。

それにBIGLOBEモバイルなら、2枚目を追加するとき、1枚目と異なる名義でもMNP転入できるというメリットがあります。ここまで紹介してきた格安SIMの中で、これができるのはBIGLOBEモバイルだけです。

プランは毎月変更できるので、気軽に選んでしまって構いません。ただし通信容量が1GBの音声通話スタートプランはSIMカードが追加できないので、それだけは選ばないようにしてください。

BIGLOBEモバイル