格安SIM比較ウェブ

G-Phone、サービス終了

2018年10月1日

セールスパートナーは2018年9月13日、geanee mobileから吸収分割で事業を承継したG-Phoneのサービスを、12月31日をもって終了すると発表しました。

G-Phoneはgeanee mobileが運営していた格安SIMのサービスです。10月1日をもってgeanee mobileからセールスパートナーへ事業が承継されています。

プランはベーシックプランとキッズプランの二つです。いずれも基本料金は月額2280円(税別)で、音声通話に対応しており、通信容量は4GBです。ベーシックプランはWi-Fiスポットが無料、キッズプランはフィルタリングが無料です。

サポートが充実していることが売りで、スマートフォンに関する問題などを電話で相談できるサポートと、端末が故障したときに代替機が借りられるサポートが受けられるようになっています。

しかしそのような付加価値があるとはいえ、基本料金は高めで、通話料金割引アプリやかけ放題オプションもないことなどから、どうしても大手の格安SIMに見劣りしてしまう部分があったのは否めません。

しばらくサービス内容に変更がなく、取り扱い店舗も数店舗しかないような状況が続いており、いつサービス終了になってもおかしくないと見ていましたが、やはりそうなってしまいました。

マイナーな格安SIMが次々と姿を消しています。今年に入ってからだと、アイストリームSIMサービス、AND market mobile、pointy SIM、そしてG-Phoneがサービス終了となりました。受け付け終了も含めるともっと多くなります。