格安SIM比較ウェブ

名義変更して譲渡できる格安SIMを比較

2018年7月17日更新

名義変更して譲渡できる格安SIMを比較しています。結婚や離婚による改姓で名義変更できるかどうかではなく、家族や第三者に名義変更して契約そのものを譲渡できるかどうかを条件に、候補を絞り込みました。

格安SIMの名義変更について調べたところ、たとえ同一人物であっても名義変更が認められているケースは少なく、まして異なる人物への名義変更が認められているケースともなると、数えるほどしかありませんでした。

名義変更して譲渡できる格安SIMは、家族への名義変更のみ認められているものと、第三者への名義変更も認められているものがあります。第三者への名義変更が必要になるケースは少ないでしょうが、一応頭に入れておいてください。

名義変更と譲渡の手続きに必要なものは、本人確認書類や同意書などで、それぞれの格安SIMによって異なります。さらにほとんどの格安SIMでは手数料を支払う必要もあります。そこも格安SIMを比較する上でのポイントになるでしょう。

名義変更して譲渡できる格安SIMのおすすめは、J:COM MOBILEです。同居している2親等以内の家族に限って名義変更が可能で、その際に手数料が一切掛からないのが魅力です。基本料金の安さもなかなかのものです。

J:COM MOBILE

J:COM MOBILE

J:COM MOBILEは名義変更して譲渡できる格安SIMです。改姓や承継による名義変更ができるのはもちろん、家族への譲渡による名義変更もできます。ただし家族への譲渡に関しては、同居している2親等以内の家族に限られます。

手数料は掛かりません。これは名義変更して譲渡できる格安SIMとしては珍しいことです。必要なものは、名義変更申込書、譲渡人の本人確認書類、譲受人の本人確認書類です。

基本的には譲渡人が手続きをする必要があります。メールか電話で問い合わせをし、名義変更申込書を取り寄せて返送するという流れです。メールの場合は確認の電話がかかってくることがあります。

J:COM MOBILE

mineo

mineoは名義変更して譲渡できる格安SIMです。家族はもちろん、第三者でも問題はありません。ただし割賦金の支払いが残っていると名義変更はできず、過去に支払いの延滞などがあった場合も名義変更はできないことがあります。

契約譲渡手数料は3000円(税別)ですが、3親等以内の家族への譲渡なら無料になります。同意書と、譲受人の本人確認書類も必要です。同意書は電話で問い合わせをすると送付されます。

minieo契約内容通知書か登録証を手元に用意し、mineoサポートダイヤルに電話をかけ、名義変更と譲渡に関する案内を受けます。後日送付される同意書に必要書類を添えて返送し、契約内容通知書を受け取れば手続き完了です。

mineo

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEの名義変更の手続きは、改称、承継、譲渡の三つに分類されています。譲渡の基準は、自己都合により第三者に譲渡する場合とされており、家族にしか格安SIMを譲渡できないわけではありません。

家族や第三者に名義変更して譲渡するには、800円(税別)の手数料が掛かります。承継・改称・譲渡申請書も必要です。この他、本人確認書類も必要になる可能性があります。

名義変更受付センタに電話し、承継・改称・譲渡申請書を取り寄せ、郵送かファックスで提出します。この名義変更と譲渡の手続きには注意事項があるので、電話した際に説明を受けるようにしてください。

OCN モバイル ONE

イオンモバイル

イオンモバイルでは、家族や第三者への名義変更が可能です。しかし手数料が高く、手続きも煩雑で、名義変更して譲渡できる格安SIMとしてはやや敷居が高いという印象を受けます。

名義変更の手数料は3000円(税別)です。さらに名義変更して譲渡するのが音声プランかシェア音声プランの場合は、譲渡人の本人確認書類と、譲受人の本人確認書類も必要になります。

イオンモバイルのご契約即日お渡し店舗で手続きをすることになります。譲渡人と譲受人の両名で店舗を訪れることが必須条件です。インターネットや電話では手続きができません。

イオンモバイル

ワイモバイル

ワイモバイルを格安SIMとして捉えるなら、これも名義変更して譲渡できる格安SIMになります。改名、改称、承継による名義変更はもちろん、家族、友人、その他の第三者への譲渡に伴う名義変更も認められています。

名義変更して譲渡するためには、3000円(税別)の手数料が掛かります。その他に持参するものは、本人名義のクレジットカード、または本人名義のキャッシュカードおよび通帳、それから本人確認書類と印鑑です。

譲渡人と譲受人の両名で店舗を訪れ、手続きをする必要があります。ただし譲渡人の委任状があれば、譲受人のみでも手続きはできます。委任状は公式サイトで印刷できます。

ワイモバイル

ケーブルモバイル

ケーブルモバイルは名義変更して譲渡できる格安SIMです。家族間に限り、名義変更して譲渡できることが分かっています。あくまで家族への名義変更のみで、第三者への名義変更は認められていません。

手数料は無料ですが、いかんせん他の格安SIMと比較すると基本料金が高めなので、安上がりかどうかは微妙なところです。名義変更の手続きには、名義変更用紙、譲渡人の本人確認書類、譲受人の本人確認書類が必要です。

公式サイトから問い合わせをするか、店舗まで足を運び、必要書類を提出して名義変更と譲渡の手続きをすることになります。店舗は愛媛県内に数店舗のみで、あまりアクセスがいいとはいえません。

やまとモバイル

やまとモバイルはあまり知られていないマイナーな格安SIMですが、これも一応は名義変更して譲渡できる格安SIMの一つです。譲受人が家族であれば、名義変更して譲渡できます。第三者は対象外です。

手数料は3000円(税別)で、譲受人が負担します。必要なものは、譲渡人の本人確認書類、譲受人の本人確認書類、それから3カ月以内に発行された譲渡人と譲受人の家族関係証明書類です。

名義変更と譲渡の手続きをするには、店舗を訪れる必要があります。郵送で手続きができないのは残念です。手続きの詳細については、あらかじめ問い合わせをして確認しておくことを勧めます。

名義変更して譲渡できる格安SIM 料金比較

※表内の金額は税別

音声通話対応プラン

容量安値次点
なしケーブル-
1580円-
500MBイオンmineo A
1130円1310円
1GBイオンmineo A
1280円1410円
2GBイオンケーブル
1380円1880円
3GBmineo AJ:COM
mineo D
OCN
1510円1600円
4GBイオンケーブル
1580円2380円
5GBOCNJ:COM
2080円2100円
6GBイオンOCN
1980円2150円
7GBJ:COMワイモバ
2600円5980円
8GBイオンケーブル
2680円3180円
10GBOCNJ:COM
3000円3100円
12GBイオン-
3280円-
15GBOCNケーブル
2500円4580円
20GBmineo Amineo D
イオン
4590円4680円
30GBイオンmineo A
6080円6510円
40GBイオンケーブル
7980円9580円
50GBイオンケーブル
10800円11580円

イオンモバイルの安さが際立つ結果となりました。J:COM MOBILEとmineoもまずまずです。これら二つの格安SIMは名義変更と譲渡の手数料が無料なので、それも踏まえるとイオンモバイルより安上がりになる可能性もあります。

SMS対応プラン

容量安値次点
なしケーブル-
950円-
500MBmineo Amineo D
700円820円
1GBイオン Aイオン D
480円620円
2GBイオン Aイオン D
780円920円
3GBJ:COM
mineo A
mineo D
OCN
900円1020円
4GBイオン Aイオン D
980円1120円
5GBJ:COMOCN
1400円1500円
6GBイオン AOCN
1480円1570円
7GBJ:COM-
1900円-
8GBイオン Aイオン D
1980円2120円
10GBJ:COMOCN
2400円2420円
12GBイオン Aイオン D
2680円2820円
15GBOCNケーブル
1920円3950円
20GBmineo A
イオン A
mineo D
3980円4100円
30GBイオン Aイオン D
5380円5520円
40GBイオン Aイオン D
7480円7620円
50GBイオン Aイオン D
10300円10440円

SMS対応プランが安いのは、J:COM MOBILE、mineoのau回線プラン、イオンモバイルのau回線プランです。これらはSMS機能が無料で付帯するため、他の格安SIMよりも相対的に安くなっています。

データ通信専用プラン

容量安値次点
なしケーブル-
800円-
500MBmineo D-
700円-
1GBイオン Dmineo D
480円800円
2GBイオン Dケーブル
780円1100円
3GBmineo D
OCN
やまと
900円1200円
4GBイオン Dケーブル
980円1600円
5GBOCNやまと
1380円1800円
6GBOCNイオン D
1450円1480円
8GBイオン Dケーブル
1980円2400円
10GBOCNJ:COM
2300円2520円
12GBイオン D-
2680円-
15GBOCNケーブル
1800円3800円
20GBmineo D
イオン D
OCN
3980円4150円
30GBイオン Dmineo D
5380円5900円
40GBイオン Dケーブル
7480円8800円
50GBイオン Dケーブル
10300円10800円

データ通信専用プランがないJ:COM MOBILEとワイモバイルが、比較対象から外れています。mineo、OCN モバイル ONE、イオンモバイルあたりが、首位を分け合う形になりました。

名義変更して譲渡できる格安SIM 仕様比較

キャリア

仕様
J:COM
mineo
OCN
イオン
ドコモ
au--
ソフトバンク----
ワイモバイル----
仕様
ワイモバ
ケーブル
やまと
ドコモ-
au---
ソフトバンク---
ワイモバイル--

名義変更して譲渡できる格安SIMのうち、mineoとイオンモバイルの二つは、ドコモとauのマルチキャリアに対応しています。ちなみにJ:COM MOBILEの端末セットプランは、ドコモ回線ではなくau回線です。

割引

仕様
J:COM
mineo
OCN
イオン
初月無料---
セット割---
家族割---
ポイント還元---
仕様
ワイモバ
ケーブル
やまと
初月無料---
セット割-
家族割--
ポイント還元---

OCN モバイル ONEは基本料金が初月無料で、固定回線やIP電話アプリとのセット割引もあり、おまけにポイントもたまります。これらが適用されれば、名義変更と譲渡の手数料くらいはすぐに元が取れます。

支払い方法

仕様
J:COM
mineo
OCN
イオン
クレジットカード
デビットカード--
LINE Pay カード----
口座振替---
振り込み----
仕様
ワイモバ
ケーブル
やまと
クレジットカード
デビットカード---
LINE Pay カード---
口座振替-
振り込み---

OCN モバイル ONEとイオンモバイルでは、家族名義クレジットカードが使えます。格安SIMを家族に名義変更して譲渡しても、それまでと同じクレジットカードを家族名義クレジットカードとして使い続けられることになります。

データ通信

仕様
J:COM
mineo
OCN
イオン
速度切り替え-
バースト転送--
容量繰り越し
容量シェア-
容量追加
Wi-Fiスポット---
メールアドレス--
仕様
ワイモバ
ケーブル
やまと
速度切り替え---
バースト転送---
容量繰り越し--
容量シェア--
容量追加
Wi-Fiスポット--
メールアドレス-

mineoとOCN モバイル ONEは、データ通信に関する機能が充実しています。イオンモバイルも、基本料金が安い割には悪くありません。J:COM MOBILEを選ぶなら、ある程度妥協する必要があります。

音声通話

仕様
J:COM
mineo
OCN
イオン
通話割引-
通話定額-
IP電話-
転送電話
迷惑電話ストップ
留守番電話
キャッチホン
仕様
ワイモバ
ケーブル
やまと
通話割引--
通話定額
IP電話--
転送電話-
迷惑電話ストップ-
留守番電話-
キャッチホン-

J:COM MOBILEにもかけ放題オプションがあることはあるのですが、端末セットプランでなければ申し込みができません。通話料金を安くするために、他社が提供しているかけ放題サービスを活用したいところです。

サポート

仕様
J:COM
mineo
OCN
イオン
セキュリティー
端末保証
訪問サポート
遠隔サポート
仕様
ワイモバ
ケーブル
やまと
セキュリティー-
端末保証-
訪問サポート--
遠隔サポート-

J:COM MOBILE、mineo、OCN モバイル ONE、イオンモバイルなら、訪問サポートや遠隔サポートなど、手厚いサポートが受けられます。格安SIMに乗り換えるのが初めてでも心配は要りません。

手続き

仕様
J:COM
mineo
OCN
イオン
未成年契約--
MNP手動切り替え-
プラン変更
サイズ変更
仕様
ワイモバ
ケーブル
やまと
未成年契約--
MNP手動切り替え---
プラン変更-
サイズ変更-

mineo、OCN モバイル ONE、ワイモバイルは未成年でも契約できるので、早い段階で保護者名義から本人名義に切り替えられます。成人するのを待たずに格安SIMを名義変更して譲渡したいなら、これらを選んでみてください。

迷ったらJ:COM MOBILE

家族に名義変更して譲渡できること、その際に手数料が掛からないこと、基本料金がそれなりに安いこと、最低利用期間や解約金の縛りがないこと、KDDIグループの格安SIMであることなどから、J:COM MOBILEをおすすめします。

SIMカードと端末を同時購入するのもいいですが、SIMカード単品プランと端末セットプランは、それぞれプランの中身がまったく異なるので、注意してください。ここで紹介しているのはSIMカード単品プランです。

なおJ:COM MOBILEは、J:COMのサービスエリアに住んでいなければ申し込みができません。J:COMのサービスエリアかどうかは、申し込みページで郵便番号を入力するだけで簡単に確認できます。

J:COM MOBILE