格安SIM比較ウェブ

繰り越しできる格安SIM

更新

繰り越しできる格安SIMを比較しています。毎日あるいは毎月付与される通信容量を使い切れずに余らせたときに、それを翌日あるいは翌月に繰り越して使えるのが、繰り越しできる格安SIMです。

繰り越しできる格安SIM おすすめ

nuroモバイルがおすすめです。毎月付与される通信容量を翌月まで繰り越しできます。さらに一部プランで3カ月ごとに付与される通信容量は翌々月まで繰り越しできます。3GBプランなら月額792円(税込)という安さです。

nuroモバイル

nuroモバイル

翌月繰り越しできる格安SIM

ドコモ回線 音声+SMS+データプラン
3GB792円
5GB990円
8GB1485円
ドコモ回線 SMS+データプラン
3GB792円
5GB990円
8GB1485円
ドコモ回線 データプラン
3GB627円
5GB825円
8GB1320円
au回線 音声+SMS+データプラン
3GB792円
5GB990円
8GB1485円
au回線 SMS+データプラン
3GB792円
5GB990円
8GB1485円
au回線 データプラン
3GB627円
5GB825円
8GB1320円
ソフトバンク回線 音声+SMS+データプラン
3GB792円
5GB990円
8GB1485円
ソフトバンク回線 データプラン
3GB627円
5GB825円
8GB1320円
プラン名nuroモバイル Dプラン 音声通話付きSIM VSプラン
申し込みnuroモバイル
初期費用3300円
SIM発行440円
基本料金792円(初月無料)
回線ドコモ
容量3GB
速度高速
超過時?kbps
通話アプリ使用:11円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額10分かけ放題:880円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
年齢18歳~
最低利用-
解約金-
MNP転出-
プラン名nuroモバイル Dプラン 音声通話付きSIM VMプラン
申し込みnuroモバイル
初期費用3300円
SIM発行440円
基本料金990円(初月無料)
回線ドコモ
容量5GB(3カ月ごとに+3GB)
速度高速
超過時?kbps
通話アプリ使用:11円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額10分かけ放題:880円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
年齢18歳~
最低利用-
解約金-
MNP転出-

nuroモバイルは繰り越しできる格安SIMです。毎月付与される通信容量を翌月まで繰り越しでき、さらに一部プランは3カ月ごとに付与される通信容量を翌々月まで繰り越しできます。

VSプランは毎月2GBを翌月まで繰り越しできます。VMプランは毎月5GBを翌月まで、3カ月ごとに3GBを翌々月まで繰り越しできます。VLプランは毎月8GBを翌月まで、3カ月ごとに6GBを翌々月まで繰り越しできます。

ちなみに旧プランにはデータ前借りという機能もありました。その名の通り翌月分の通信容量を前借りできるというものです。これはVSプラン、VMプラン、VLプランでは利用できなくなってしまいました。

通信容量追加オプションはドコモ回線プランなら1GBにつき660円(税込)、au回線のAプランとソフトバンク回線のSプランなら1GBにつき990円(税込)です。追加した通信容量は3カ月後まで繰り越しできます。

音声通話対応プランの基本料金はVSプランなら月額792円(税込)、VMプランなら月額990円(税込)、VLプランなら月額1485円(税込)で、いずれも初月無料です。繰り越しできる格安SIMでこれだけ安ければ上出来です。

nuroモバイル

BIGLOBEモバイル

翌月繰り越しできる格安SIM

ドコモ回線 音声+SMS+データプラン
3GB1320円
6GB1870円
12GB3740円
20GB5720円
30GB8195円
ドコモ回線 SMS+データプラン
3GB1122円
6GB1727円
12GB3102円
20GB5082円
30GB7557円
ドコモ回線 データプラン
3GB990円
6GB1595円
12GB2970円
20GB4950円
30GB7425円
au回線 音声+SMS+データプラン
3GB1320円
6GB1870円
12GB3740円
20GB5720円
30GB8195円
au回線 SMS+データプラン
3GB1122円
6GB1727円
12GB3102円
20GB5082円
30GB7557円
プラン名BIGLOBEモバイル タイプD 音声通話SIM 3ギガプラン
申し込みBIGLOBEモバイル
初期費用3300円
SIM発行433円
基本料金1320円(初月無料)
回線ドコモ
容量3GB
速度高速
超過時最大200kbps
通話アプリ使用:9.9円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額3分かけ放題:660円
10分かけ放題:913円
60分パック:660円
90分パック:913円
SMS付帯0円
枚数1~5枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
年齢20歳~
最低利用翌月から12カ月
解約金1100円
MNP転出-
プラン名BIGLOBEモバイル タイプD 音声通話SIM 6ギガプラン
申し込みBIGLOBEモバイル
初期費用3300円
SIM発行433円
基本料金1870円(初月無料)
回線ドコモ
容量6GB
速度高速
超過時最大200kbps
通話アプリ使用:9.9円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額3分かけ放題:660円
10分かけ放題:913円
60分パック:660円
90分パック:913円
SMS付帯0円
枚数1~5枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
年齢20歳~
最低利用翌月から12カ月
解約金1100円
MNP転出-

BIGLOBEモバイルは繰り越しできる格安SIMです。1カ月分の通信容量を翌月いっぱいまで繰り越しできます。3ギガプラン、6ギガプラン、12ギガプラン、20ギガプラン、30ギガプランが対象です。

繰り越し上限は3ギガプランなら3GB、6ギガプランなら6GB、12ギガプランなら12GB、20ギガプランなら20GB、30ギガプランなら30GBです。1ギガプランは繰り越しができないので注意してください。

ボリュームチャージという通信容量追加オプションがあります。料金は100MBにつき330円(税込)と決して安くありませんが、追加した通信容量を無期限で繰り越しできるというメリットがあります。

エンタメフリー・オプションを追加すれば動画や音楽で通信容量が消費されなくなり、通信容量を節約できます。繰り越しと相性がいいサービスです。音声通話SIMなら月額308円(税込)、データSIMなら月額1078円(税込)です。

音声通話SIMは3ギガプランなら月額1320円(税込)、6ギガプランなら月額1870円(税込)、12ギガプランなら月額3740円(税込)、20ギガプランなら月額5720円(税込)、30ギガプランなら月額8195円(税込)です。

BIGLOBEモバイル

OCN モバイル ONE

翌月繰り越しできる格安SIM

ドコモ回線 音声+SMS+データプラン
1GB770円
3GB990円
6GB1320円
10GB1760円
ドコモ回線 SMS+データプラン
3GB990円
6GB1320円
10GB1760円
ドコモ回線 データプラン
3GB858円
6GB1188円
10GB1628円
プラン名OCN モバイル ONE 音声対応SIM 1GB/月コース
申し込みOCN モバイル ONE
初期費用3300円
SIM発行433.4円
基本料金770円(初月無料)
回線ドコモ
容量1GB
500MB(超過時)
速度高速
超過時最大200kbps→?kbps
通話11円/30秒
通話定額10分かけ放題:935円
3人かけ放題:935円
かけ放題:1430円
SMS付帯0円
枚数1~5枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
デビットカード
年齢20歳~
最低利用-
解約金-
MNP転出-
プラン名OCN モバイル ONE 音声対応SIM 3GB/月コース
申し込みOCN モバイル ONE
初期費用3300円
SIM発行433.4円
基本料金990円(初月無料)
回線ドコモ
容量3GB
1.5GB(超過時)
速度高速
超過時最大200kbps→?kbps
通話11円/30秒
通話定額10分かけ放題:935円
3人かけ放題:935円
かけ放題:1430円
SMS付帯0円
枚数1~5枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
デビットカード
年齢20歳~
最低利用-
解約金-
MNP転出-

OCN モバイル ONEは、繰り越しできる格安SIMです。1GB/月コース、3GB/月コース、6GB/月コース、10GB/月コースのいずれも、当月に付与される通信容量を翌月に繰り越しできます。

1GB/月コースなら1GBまで繰り越しでき、3GB/月コースなら3GBまで繰り越しでき、6GB/月コースなら6GBまで繰り越しでき、10GB/月コースなら10GBまで繰り越しできます。

通信容量追加オプションもあります。料金は500MBにつき550円(税込)ですが、OCN モバイル ONE アプリから購入すれば1GBにつき550円(税込)になります。3カ月後まで繰り越しできます。

MUSICカウントフリーという無料オプションに加入すれば、対象サービスで音楽を聴いているときに通信容量が消費されなくなります。繰り越し分の通信容量を確保するためにもぜひ加入しておくべきです。

おすすめのプランは1GB/月コース、3GB/月コース、6GB/月コースです。繰り越しできる1GB、3GB、6GBの格安SIMとしては基本料金が安い部類に入り、費用対効果が高いです。

OCN モバイル ONE

UQ mobile

翌月繰り越しできる格安SIM

au回線 音声+SMS+データプラン
3GB1628円
15GB2728円
25GB3828円
プラン名UQ mobile くりこしプランS
申し込みUQ mobile
初期費用3300円
SIM発行-
基本料金1628円
回線au
容量3GB
6GB/3日
速度高速
超過時最大300kbps
通話22円/30秒
通話定額10分かけ放題:770円
かけ放題:1870円
60分パック:550円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
デビットカード
口座振替(ウェブ新規不可)
年齢11歳~
最低利用-
解約金-
MNP転出-
プラン名UQ mobile くりこしプランM
申し込みUQ mobile
初期費用3300円
SIM発行-
基本料金2728円
回線au
容量15GB
6GB/3日
速度高速
超過時最大1Mbps
通話22円/30秒
通話定額10分かけ放題:770円
かけ放題:1870円
60分パック:550円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
デビットカード
口座振替(ウェブ新規不可)
年齢11歳~
最低利用-
解約金-
MNP転出-

UQ mobileは翌月に付与される通信容量と同じ分だけ繰り越しできます。くりこしプランS、くりこしプランM、くりこしプランLが対象です。すでに申し込み受け付けが終了したデータ無制限プランは対象外です。

くりこしプランSは3GBまで、くりこしプランMは15GBまで、くりこしプランLは25GBまで繰り越しできます。ただし翌月からプランを変更するなら、繰り越しの上限は変更後のプランで付与される通信容量と同じ分になります。

データチャージという通信容量追加オプションがあります。料金は100MBなら220円(税込)、500MBなら550円(税込)です。有効期間は90日間です。つまりだいたい2カ月後まで繰り越しできるということになります。

なおくりこしプランSは通信容量を使い切っても通信速度が最大300kbpsまで出て、くりこしプランMとくりこしプランLは通信容量を使い切っても通信速度が最大1Mbpsまで出ます。

おすすめはくりこしプランSです。基本料金は月額1628円(税込)、通信容量は3GBで繰り越し対応、さらに必要に応じて10分かけ放題や60分通話パックのオプションを追加できます。

UQ mobile

y.u mobile

無期限繰り越しできる格安SIM

ドコモ回線 音声+SMS+データプラン
5GB1639円
20GB4378円
ドコモ回線 SMS+データプラン
5GB1122円
20GB3740円
ドコモ回線 データプラン
5GB990円
20GB3608円
プラン名y.u mobile 音声通話SIM シングルプラン
初期費用3300円
SIM発行440円
基本料金1639円
回線ドコモ
容量5GB
速度高速
超過時?kbps
通話アプリ使用:11円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額10分かけ放題:858円
かけ放題:2970円
SMS付帯0円
枚数1枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
年齢20歳~
最低利用-
解約金-
MNP転出-
プラン名y.u mobile 音声通話SIM シェアプラン
初期費用3300円
SIM発行440円
基本料金4378円
回線ドコモ
容量20GB
速度高速
超過時?kbps
通話アプリ使用:11円/30秒
アプリなし:22円/30秒
通話定額10分かけ放題:858円
かけ放題:2970円
SMS付帯0円
枚数1~4枚
サイズnano micro 標準
支払いクレジットカード
年齢20歳~
最低利用-
解約金-
MNP転出-

y.u mobileは、無期限で繰り越しできる格安SIMです。当月付与分の通信容量とチャージ分の通信容量に有効期限がなく、ずっとためておくことができる、永久不滅ギガというサービスを提供しています。

ただしまったく制限がないわけではありません。繰り越しできる期限こそないものの、繰り越しできる上限は100GBまでとなっており、それを超えると繰り越し期間が長い通信容量から無効になっていきます。

5GBのシングルプランなら月5GBまで繰り越しでき、20カ月分で繰り越し上限に達します。20GBのシェアプランなら月20GBまで繰り越しでき、5カ月分で繰り越し上限に達します。

データチャージという通信容量追加オプションがあり、前述したようにこのデータチャージで追加した通信容量も無期限で繰り越しできます。料金は1GBにつき330円(税込)、10GBにつき1650円(税込)と控えめです。

1人で使うならシングルプラン、家族で使うならシェアプランがおすすめです。シェアプランは最大4人で通信容量をシェアでき、さらに毎月もらえる1200ポイントで通信容量をデータチャージできるおまけ付きです。

IIJmio

IIJmioは当月に付与される通信容量を翌月に繰り越しできます。2GBプラン、4GBプラン、8GBプラン、15GBプラン、20GBプランが対象です。ケータイプラン、eSIM データプラン ゼロは対象外です。

2GBプランは2GBまで繰り越しでき、4GBプランは4GBまで繰り越しでき、8GBプランは8GBまで繰り越しでき、15GBプランは15GBまで繰り越しでき、20GBプランは20GBまで繰り越しできます。

通信容量追加オプションがあります。料金は1GBにつき220円(税込)で、有効期間は当月末日までです。この他、コンビニエンスストアで購入できるIIJmioクーポンカードというものもあります。

通信容量シェアもできます。同一mioIDかつ同一グループのギガプラン最大10回線で通信容量をシェアできるというものです。繰り越した通信容量を有効活用できるというわけです。

おすすめは2GBプランです。音声通話対応プランは月額858円(税込)、SMS対応プランは月額825円(税込)、データ通信専用プランは月額748円(税込)です。通信容量の少なさは繰り越しを活用してカバーしましょう。

IIJmio

LIBMO

LIBMOは繰り越しできる格安SIMです。低速プランを除くすべてのプラン、つまり1GBプラン、5GBプラン、20GBプラン、30GBプランで、当月に付与される通信容量を翌月に繰り越しできます。

1GBプランなら1GBまで繰り越しでき、5GBプランなら5GBまで繰り越しでき、20GBプランなら20GBまで繰り越しでき、30GBプランなら30GBまで繰り越しできます。

データリチャージという通信容量追加オプションがあります。100MBが220円(税込)、1GBが1100円(税込)です。追加した通信容量は90日間有効です。2カ月後まで繰り越しできると考えておけばいいでしょう。

以前はデータシェアオプションによって最大3枚のSIMカードで通信容量をシェアできましたが、これはすでに申し込み受け付けが終了しています。通信容量をシェアしたければ他の格安SIMを選ぶことです。

おすすめのプランは月額1518円(税込)の5GBプラン、月額1991円(税込)の20GBプランです。いずれのプランも通信容量を繰り越しできるので、通信容量が少ないプランでも心配することはありません。

LIBMO

mineo

mineoは、繰り越しできる格安SIMです。新プランのマイピタで選択できるすべてのプラン、つまり1GBプラン、5GBプラン、10GBプラン、20GBプランで、当月に付与される通信容量を翌月に繰り越しできます。

繰り越しできるのは、1GBプランなら1GB、5GBプランなら5GB、10GBプランなら10GB、20GBプランなら20GBです。それぞれのプランで当月に付与される通信容量が、そのまま繰り越し上限になります。

パケットチャージという通信容量追加オプションがあります。100MBにつき55円(税込)で、翌月に繰り越しできます。なおパケットチャージで追加した通信容量もパケットシェアの対象です。

繰り越し分の通信容量を最大10人でシェアできる、パケットシェアという機能もあります。事前に申し込みが必要で、料金は無料です。これを活用すれば、繰り越しできる格安SIMとしての利便性が高まります。

音声通話対応プランは、1GBプランなら月額1298円(税込)、5GBプランなら月額1518円(税込)、10GBプランなら月額1958円(税込)、20GBプランなら月額2178円(税込)と、なかなかの安さです。

mineo

イオンモバイル

イオンモバイルは繰り越しできる格安SIMです。500MBプランから50GBプランまですべてのプランが対象です。プランが細かく区切られていて何度でも無料で変更できるので、繰り越しが活用しやすくなっています。

500MBプランは500MBまで、1GBプランは1GBまで、2GBプランは2GBまで、3GBプランは3GBまで、4GBプランは4GBまで、5GBプランは5GBまでといったように、毎月付与される通信容量と同じ分だけ繰り越しできます。

通信容量追加オプションがあります。料金は1GBにつき528円(税込)です。繰り越しはできません。なおSIMカードがタイプ1なら何回でも追加できますが、タイプ2なら月6回までしか追加できません。

バースト転送にこそ対応しているものの、その他にはこれといった機能がなく、繰り越しできる格安SIMとしては付加価値に欠ける印象があります。付加価値の多さよりも基本料金の安さで勝負しているのでしょう。

音声500MBプラン、音声1GBプラン、音声2GBプランあたりがおすすめです。音声500MBプランは月額1023円(税込)、音声1GBプランは月額1078円(税込)、音声2GBプランは月額1188円(税込)と、なかなか安いです。

イオンモバイル

繰り越しできる格安SIM 料金比較

音声プラン

プラン最安次点
500MBイオン-
1023円-
1GBOCNLIBMO
イオン
770円1078円
2GBIIJmioイオン
858円1188円
3GBnuroOCN
792円990円
4GBIIJmioイオン
1078円1408円
5GBnuroLIBMO
mineo
イオン
990円1518円
6GBOCNイオン
1320円1628円
7GBイオン-
1738円-
8GBnuroIIJmio
1485円1518円
9GBイオン-
1958円-
10GBOCNmineo
1760円1958円
12GBイオンBIGLOBE
2178円3740円
14GBイオン-
2288円-
15GBIIJmioUQ
1848円2728円
20GBLIBMOIIJmio
1991円2068円
25GBUQ-
3828円-
30GBLIBMOイオン
2728円4378円
40GBイオン-
5478円-
50GBイオン-
6578円-

nuroモバイル、OCN モバイル ONE、IIJmio、mineoあたりが首位の座を争っています。基本料金の安さで選ぶなら、これらが繰り越しできる格安SIMの有力候補になります。

SMSプラン

プラン最安次点
1GBイオン Aイオン D
528円682円
2GBイオン AIIJmio
748円825円
3GBnuro D
nuro A
イオン A
792円858円
4GBイオン AIIJmio
968円1045円
5GBnuro D
nuro A
イオン A
990円1078円
6GBイオン AOCN
1188円1320円
7GBイオン Aイオン D
1298円1452円
8GBイオン Aイオン D
1408円1562円
9GBイオン Aイオン D
1518円1672円
10GBイオン Amineo A
1628円1705円
12GBイオン Aイオン D
1738円1892円
14GBイオン Aイオン D
1848円2002円
15GBIIJmio-
1815円-
20GBmineo Aイオン A
1925円1958円
30GBイオン Aイオン D
3938円4092円
40GBイオン Aイオン D
5038円5192円
50GBイオン Aイオン D
6138円6292円

nuroモバイル、IIJmio、イオンモバイルが安いです。mineoとイオンモバイルのau回線プランはSMSオプションが無料であることから、ドコモ回線プランに対して優位に立っています。

データプラン

プラン最安次点
1GBイオン DLIBMO
528円748円
2GBIIJ eSIMIIJmio D
イオン D
440円748円
3GBnuroOCN
イオン D
627円858円
4GBIIJ eSIMIIJmio D
イオン D
660円968円
5GBnuroy.u
825円990円
6GBOCN
イオン D
BIG D
1188円1595円
7GBイオン D-
1298円-
8GBIIJ eSIMnuro
1100円1320円
9GBイオン D-
1518円-
10GBOCN
イオン D
mineo D
mineo S
1628円1705円
12GBイオン DBIG D
1738円2970円
14GBイオン D-
1848円-
15GBIIJ eSIMIIJmio D
1430円1738円
20GBIIJ eSIMmineo D
mineo S
1430円1925円
30GBLIBMOイオン D
2728円3938円
40GBイオン D-
5038円-
50GBイオン D-
6138円-

データ通信専用プランではIIJmioのeSIMプランが存在感を見せています。サブ回線にはうってつけのプランです。その他にはnuroモバイル、OCN モバイル ONE、mineo、イオンモバイルも安いです。

繰り越しできる格安SIM 仕様比較

割引

nuro
BIGLOBE
OCN
UQ
y.u
初月無料--
固定回線割---
複数回線割----
ポイント還元--
IIJmio
LIBMO
mineo
イオン
初月無料----
固定回線割--
複数回線割---
ポイント還元---

nuroモバイルやBIGLOBEモバイルなどは基本料金が初月無料なので、だいぶ安上がりです。BIGLOBEモバイル、OCN モバイル ONE、IIJmioには固定回線とのセット割引があります。

回線

nuro
BIGLOBE
OCN
UQ
y.u
ドコモ-
au--
ソフトバンク----
楽天-----
IIJmio
LIBMO
mineo
イオン
ドコモ
au-
ソフトバンク---
楽天----

繰り越しできる格安SIMのうち、nuroモバイル、mineoは3キャリアに対応しています。BIGLOBEモバイル、IIJmio、イオンモバイルは2キャリアに対応しています。他の格安SIMは1キャリアのみです。

データ通信

nuro
BIGLOBE
OCN
UQ
y.u
速度切り替え---
バースト転送---
容量繰り越し
容量シェア--
容量追加
IIJmio
LIBMO
mineo
イオン
速度切り替え
バースト転送-
容量繰り越し
容量シェア-
容量追加

すべての格安SIMが繰り越しに対応しており、余った通信容量が翌月までか無期限で使えるようになっています。この表では省略していますが、nuroモバイルは繰り越しに加えてパケットギフトにも対応しています。

音声

nuro
BIGLOBE
OCN
UQ
y.u
通話定額
転送電話-
迷惑電話拒否-
留守番電話
割り込み通話
IIJmio
LIBMO
mineo
イオン
通話定額
転送電話
迷惑電話拒否
留守番電話
割り込み通話

音声通話に関しては、どれも似たり寄ったりです。UQ mobileには通話料金割引アプリがありませんが、かけ放題や通話パックを駆使すれば通話料金を抑えられます。OCN モバイル ONEはIP電話アプリが半額で使えます。

支払い方法

nuro
BIGLOBE
OCN
UQ
y.u
クレカ
デビカ---
プリカ-----
口座振替---
振り込み-----
IIJmio
LIBMO
mineo
イオン
クレカ
デビカ---
プリカ---
口座振替----
振り込み----

繰り越しできる格安SIMには、さまざまな支払い方法が用意されています。クレジットカードはもちろん、デビットカード、プリペイドカード、口座振替で支払いができるものもいくつかあります。

サポート

nuro
BIGLOBE
OCN
UQ
y.u
店舗サポート----
訪問サポート--
遠隔サポート-
IIJmio
LIBMO
mineo
イオン
店舗サポート--
訪問サポート-
遠隔サポート-

自宅訪問や遠隔操作でのサポートを希望するなら、nuroモバイル、BIGLOBEモバイル、OCN モバイル ONE、mineo、イオンモバイルなどが、繰り越しできる格安SIMの候補になります。

手続き

nuro
BIGLOBE
OCN
UQ
y.u
未成年契約-
MNP開通
譲渡----
IIJmio
LIBMO
mineo
イオン
未成年契約--
MNP開通
譲渡--

y.u mobile、LIBMO、イオンモバイルは、未成年では契約できません。いずれの格安SIMも、MNP転入時にはSIMカードが届いてから好きなときに回線を切り替えられます。

繰り越しできる格安SIM まとめ

nuroモバイルは毎月付与される通信容量を翌月まで繰り越しできるだけでなく、3カ月ごとに付与される通信容量を翌々月まで繰り越しできるのが強みです。y.u mobileは無期限に繰り越しできるのがいいところです。

nuroモバイル

繰り越しできる格安SIM コラム

格安SIMの翌日繰り越しと翌月繰り越しはどちらがいいか

繰り越しできる格安SIMには、一部の例外を除き、二つの種類があります。1日ごとに付与される通信容量を翌日に繰り越しできる格安SIMと、1カ月ごとに付与される通信容量を翌月に繰り越しできる格安SIMです。

例えばOCN モバイル ONEの旧プランでは、1日ごとに付与される通信容量を翌日に繰り越しできる110MB/日コースというプランが、3GB/月コースと併存していました。

110MB/日コースは30日間で3.3GBまで、3GB/月コースは30日間で3GBまで繰り越しできます。このように繰り越しできる通信容量の総量がほぼ同じなら、翌日繰り越しの格安SIMと翌月繰り越しの格安SIMはどちらがいいのでしょうか。

両者の決定的な違いは、繰り越し分の通信容量の有効期間です。翌日繰り越し分の通信容量の有効期間は翌日いっぱい、翌月繰り越し分の通信容量の有効期間は翌月いっぱいで、後者の方がゆとりがあります。

翌月繰り越しの格安SIMにもデメリットがないわけではなく、繰り越し分の通信容量を数日間で使い切ってしまうリスクがあります。そうなると繰り越し分の通信容量に頼らずに翌月まで乗り切らなければならず、苦しくなってきます。

しかし繰り越し分の通信容量を数日間で使い切ってしまうということは、そもそも自分が必要とする通信容量に対し、利用中のプランで付与される通信容量がまったく足りていないということになり、繰り越し以前の問題ともいえます。

きちんと自分に合うプランを選んでおけば、繰り越し分の通信容量を数日間で使い切ってしまうことはまずないので、あまり心配することはないでしょう。そういうわけで、どちらかといえば翌月繰り越しの格安SIMがおすすめです。

繰り越しできる格安SIMはアプリで容量確認できると便利

繰り越しできる格安SIMを使いこなすには、当月に付与された通信容量や前月から繰り越しされた通信容量がどれくらい残っているのか、こまめに確認しておくことが大事です。

あらゆる格安SIMで通信容量が確認できるわけではありませんが、たいていはそのような機能が備わっており、サイトやアプリで通信容量が確認できるようになっています。

サイトで通信容量を確認する場合は、ブラウザーでサイトにアクセスしてIDやパスワードを入力しなければなりません。しかしアプリで通信容量する場合は、アプリを開いたりウィジェットを見たりするだけでいいので、手間が省けます。

アプリによっては、通信容量が線グラフや棒グラフで視覚化されていたり、通信容量の当月付与分と繰り越し分の内訳が確認できたり、日ごとや月ごとの消費量が確認できたりもします。

私はこれまでに繰り越しできる格安SIMのOCN モバイル ONEとBIGLOBEモバイルを利用してきましたが、やはりアプリはいろいろと便利ですし、これくらい便利でなければ通信容量を確認する気にはなりません。

繰り越しできる格安SIMで、当月に付与された通信容量や前月から繰り越しされた通信容量をきっちりと管理したければ、アプリで通信容量が確認できるものを選んでみてください。

ちなみに通信容量の消費量を計測するアプリはいろいろありますが、格安SIMとひも付く公式アプリでなければ、通信容量の残量や内訳までは確認できません。なるべく公式アプリを使いたいところです。

繰り越しできる格安SIMをプラン変更してさらなる節約を

通信容量が余って繰り越しをした翌月に、必ずしも普段よりも多めの通信容量が必要になるとは限りません。実際にはせっかく繰り越しをしても使い切れないことが少なくないはずです。これではもったいありません。

そこで考えたいのが、プラン変更です。繰り越しすることになったら、翌月は繰り越し分も含めてすべての通信容量を使い切れるくらいの下位プランに変更し、維持費を抑えるのです。

例えば2GBプランで500MBが余ったとき、翌月は1GBプランに変更します。すると翌月の通信容量は繰り越し分を含めて1.5GB、つまり前月に使った分と同じになります。これならちょうど使い切れそうです。

格安SIMのプラン変更後に繰り越しが無効になるようなことはまずないので、安心してください。たいていはプラン変更を申請すると翌月から新プランが適用され、その新プランに対して旧プランからの繰り越しが適用されます。

こうして繰り越しが発生するたびに下位プランに変更していけば、基本料金が安くなってお金を節約できるのはもちろんのこと、自分にとってどれが適正なプランなのかを見極めるきっかけにもなります。

なお格安SIMによっては、当月分ではなく翌月分の通信容量を基準として、繰り越し上限が設定されていることがあるので、注意してください。その場合、当月が2GBプランで翌月が1GBプランなら、1GBしか繰り越しできません。

プラン変更のルールも事前に確認しておきましょう。プラン変更が部分的にしか認められていないことがあるからです。例えばAプランからBプランへは変更できても、BプランからAプランへは変更できないという具合です。

迷ったらnuroモバイル

迷ったらnuroモバイルです。繰り越しができるので通信容量をやりくりしやすく、基本料金が安いのでお金もやりくりしやすいです。ただしお試しプランとデータ使い放題プランは繰り越しができないので要注意です。

nuroモバイル