格安SIM比較ウェブ

UQ mobileの詳細

2018年12月14日更新

UQ mobileは、UQコミュニケーションズ株式会社の格安SIMです。KDDIグループの格安SIMということもあり、信頼性の高さは申し分ありません。端末代金も含めた費用の安さや、通信速度の速さにも定評があります。

プラン

おしゃべりプランは5分以内の国内通話がかけ放題のプランで、ぴったりプランはかけ放題の代わりに無料通話が付帯するプランです。さらに基本料金の割引、通信容量の増量、無料通話の増量などの特典があります。

基本料金は条件付きで1000~2000円(税別)引きになります。割引の項目で詳しく説明します。さらに通信容量が25カ月間1.5倍になり、ぴったりプランの無料通話が25カ月間2倍になります。

データ高速プランは3GBを使い切るまで高速通信ができるプランで、データ無制限プランは通信速度が下り最大500kbpsに制限されているプランです。どちらもSMSオプションを追加せずにSMSが使えるようになっています。

UQ mobile

仕様

割引

おしゃべりプランとぴったりプランには、イチキュッパ割、スマトク割、長期利用割引、マンスリー割、UQ家族割という五つの割引があります。これらはいずれも基本料金に対する割引です。

イチキュッパ割は13カ月目まで1000円(税別)引き、スマトク割は25カ月目まで1000円(税別)引き、長期利用割引は26カ月目から1000円(税別)引きという内容です。いずれも解約月には適用されません。

マンスリー割はSIMカードと端末を同時購入すると適用されます。期間は2カ月目から25カ月目までです。割引額は機種によって異なりますが、実質0円になることもあります。

UQ家族割は、親回線と子回線がおしゃべりプランかぴったりプランなら、2~10回線目の基本料金が、2カ月目から500円(税別)引きになるサービスです。親回線と子回線の契約者の、姓と住所が同一であることが条件です。

支払い方法

UQ mobileの支払い方法は、クレジットカードか口座振替です。ただしインターネットでの新規申し込みにはクレジットカードが必要で、口座振替を選択すると申し込みがキャンセルされてしまいます。

本人名義ではない家族名義のクレジットカードや口座も登録できますが、そのためには契約名義人とクレジットカード名義人の家族関係を証明できる書類を用意し、店舗で申し込みをする必要があります。

ちなみに以前はクレジットカードの代わりに、デビットカードも登録できるようになっていましたが、2017年5月ごろを境に、デビットカードは一切登録できなくなってしまいました。

速度切り替え

UQ mobileにはターボ機能があり、高速通信のオンオフを好きなときに切り替えられます。初期設定では高速通信がオンになっており、データチャージサイトでオフにできます。

3日制限

UQ mobileには3日制限があり、3日で6GB以上のデータ通信をすると通信速度が制限されることがあります。通信容量が使い放題とされているデータ無制限プランにもこの3日制限は適用されます。

容量繰り越し

おしゃべりプラン、ぴったりプラン、データ高速プランでは、当月に余った通信容量を翌月に繰り越せます。ただしおしゃべりとぴったりプランで増量された通信容量は繰り越せません。

容量追加

通信容量を使い切ったときや、データ無制限プランで高速通信をしたいときは、データチャージで通信容量を追加できます。料金は100MBが200円(税別)、500MBが500円(税別)で、有効期間は90日です。

おしゃべりプランとぴったりプランでは、増量オプションを追加すれば通信容量が1.5倍になります。ぴったりプランに関しては、さらに無料通話が2倍になります。料金は月額500円(税別)ですが、条件を満たせば25カ月間無料です。

Wi-Fiスポット

UQ mobileには、Wi2 300 for UQ mobileというWi-Fiスポットを無料で使える特典があります。my UQ mobileにログインし、SIMカード情報を入力するなどして申し込みをすれば、Wi-Fiスポットに接続できます。

通話

おしゃべりプランでは5分以内の国内通話が何度でもかけ放題です。衛星電話や国際電話などは対象外です。通話時間が5分を超過すると、30秒につき20円(税別)の通話料金が掛かります。

ぴったりプランは無料通話が付帯します。おしゃべりプランSは60分、おしゃべりプランMは120分、おしゃべりプランLは180分で、25カ月目までは2倍です。無料通話分を超過すると、やはり30秒20円(税別)が掛かります。

VoLTE用SIMカードとLTE用SIMカードが用意されており、VoLTE用SIMカードをVoLTE対応端末に入れればLTE回線で音声通話ができます。VoLTEにはデータ通信と音声通話を同時にできるというメリットもあります。

着信転送サービス、番号通知リクエストサービス、ボイスメールサービスは無料です。割込通話サービスはLTE用SIMカードでは無料ですが、VoLTE用SIMカードでは月額200円(税別)が掛かります。

月額380円(税別)の電話基本パックを追加すると、留守番電話サービス、三者通話サービス、迷惑電話撃退サービスを利用できるようになります。個別のオプションは用意されていません。

月額100円(税別)の通話明細サービスもあります。当月を含む過去7カ月のデータ通信と音声通話の明細を、my UQ mobileで閲覧できます。紙の明細書が発行されるわけではないので注意してください。

年齢

UQ mobileは基本的に未成年では契約できません。ただし親権者同伴で、店舗で申し込みをする場合に限り、中学生の進学2カ月前から契約できます。つまり11~12歳から契約できるということになります。

縛り

データ高速+音声通話プランとデータ無制限+音声通話プランの最低利用期間は12カ月間で、自動更新はありません。最低利用期間内に解約したときの解約金は9500円(税別)です。

おしゃべりプランとぴったりプランの最低利用期間は25カ月間で、その後も更新月に解約しない限り24カ月間ずつ自動更新されます。最低利用期間内に解約したときの解約金は9500円(税別)です。

メールアドレス

月額200円(税別)のメールサービスというオプションを追加すると、メールアドレスを取得できます。ドメインは「@uqmobile.jp」です。プッシュ通知に対応しています。

セキュリティー

セキュリティサービスは月額290円(税別)です。これはAndroid向けサービスで、不正アプリ対策、ウェブ脅威対策、迷惑SMS対策、迷惑着信対策などのセキュリティーに関するさまざまな機能があります。

UQ mobileのスマートフォンを子供に使わせるなら、月額無料でフィルタリングができる安心アクセスVと、月額300円(税別)でSNSの利用状況を分析できるfiliiというオプションも追加しておきたいところです。

保証

SIMカードと端末を同時購入するときには、月額380円(税別)の端末補償サービスを追加できます。端末に故障、破損、盗難、紛失などのトラブルがあったときの修理費用などを、一定額まで補填してもらえるサービスです。

月額500円(税別)のつながる端末保証というオプションもあります。これはUQ mobile以外で購入した端末が破損や水没をしたときに、無償での修理か低価格での交換をしてもらえるサービスです。

サポート

格安SIMの初心者でも心配は要りません。月額350円(税別)のUQあんしんサポートを追加すれば、スマートフォン、パソコン、周辺機器などの困り事を遠隔操作でサポートしてもらえます。

サブブランド

UQ mobileには、出雲ケーブルビジョンのICVモバイル、あなたの幸せが私の幸せ社のハピネスモバイル、イズミヤのイズミヤモバイル、ゴルフダイジェスト・オンラインのGDOスマホなどのサブブランドがあります。

契約内容変更

おしゃべりプランかたっぷりプランから、データ高速プランかデータ無制限プランへのプラン変更はできません。VoLTE用SIMカードとLTE用SIMカードの交換や、SIMカードサイズ変更には、3000円(税別)が掛かります。

機種変更

機種変更と同時に増量オプションの申し込みをすると、増量オプションが25カ月間無料になります。データ高速プランかデータ無制限プランから、おしゃべりプランかたっぷりプランにプラン変更した場合は、24カ月間無料です。

申し込み方法

まずは必要なものをそろえましょう。メールアドレス、クレジットカードかキャッシュカード、それから運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を用意します。MNP転入ならMNP予約番号も用意します。

UQ mobileの公式サイトで商品、プラン、オプションなどを選び、申し込み者情報を入力します。するとメールが届くので、その案内に従い、スマートフォンなどで撮影した本人確認書類の画像をアップロードします。

申し込み手続きと本人確認が完了すると、最短で翌日にも商品が発送されます。UQ mobileの端末にはAPNが設定されているので、SIMカードを入れればすぐに使えます。UQ mobile以外の端末にはAPNを設定する必要があります。

MNP転入の場合は、商品が届いてからmy UQ mobileにログインして回線切り替えの手続きをします。回線切り替えは30分ほどで完了するので、何日もスマートフォンが使えなくなるような事態にはなりません。

支払い方法が口座振替なら、商品とは別に送付される口座振替依頼書に、必要事項を記入して返送する手順が加わります。口座が登録されるまでの間は、送付される振り込み用紙を使い、コンビニエンスストアで支払いをします。

UQ mobile

UQ mobileのここがいい

端末セットプランが安い

SIMカードと端末がセットになったおしゃべりプランとぴったりプランは、通信容量が少ない割に基本料金が高いので敬遠されがちですが、よくよく調べてみるとむしろ安上がりなプランだということが分かります。

例えばおしゃべりプランSは13カ月目まで月額1980円(税別)、14カ月目から月額2980円(税別)なので、端末代金が実質0円なら2年で5万8520円(税別)にしかなりません。おしゃべりプランMでも8万2520円(税別)です。

SIMカードと端末のセットでここまで安上がりな格安SIMは、そうありません。通話時間がそれなりに多くなければうまみが少ないということはあるにせよ、費用対効果がいいことは確かです。

速度が速い

UQ mobileは通信速度の速さには定評があります。イードが毎年発表している格安SIMアワードでは、2015年と2016年の2年連続で通信速度部門の最優秀賞を受賞しました。利用者の間での評判も上々です。

UQコミュニケーションズが通信速度の速さを実現できている要因はいろいろとあるのでしょうが、恐らくはその豊富な資金力によって、他のMVNOよりも帯域を広めに確保しているのではないかと思われます。

いずれにしてもUQ mobileの通信速度が速いというのは、もはや定説になりつつあります。通信速度が速い格安SIMを探しているなら、UQ mobileを選んでおけば間違いはありません。

容量を節約しやすい

通信容量を節約しやすいのもUQ mobileのメリットです。通信速度の切り替え、通信容量の繰り越し、Wi-Fiスポットなどを駆使すれば、他の格安SIMよりも通信容量の消耗を抑えられる可能性があります。

とりわけ通信容量を節約しやすいプランが、おしゃべりプランとぴったりプランです。これらのプランは制限時の通信速度が300kbpsと速めなので、高速通信をオフにして通信容量を節約しながらも、それなりの快適さが保たれます。

このように通信容量を節約しやすいということは、通信容量が少なくて基本料金が安いプランでやりくりできるということなので、そういう意味ではUQ mobileは費用対効果がいい格安SIMだと評価できます。

サポートが充実

格安SIMというものはサポート体制が十分でないという印象が強いかもしれませんが、UQ mobileにはUQあんしんサポートがあるので、たとえ自らの手に負えないような問題が起きたとしても、おおむね対処できます。

実際には格安SIMに乗り換えてもそれほど大きな問題が起きることはないとは思いますが、いずれにせよこのような初心者向けのサポートがあるのとないのとでは、安心感が違います。

UQ mobile