格安SIMカードのメールアドレス

格安SIMカードに乗り換えてもキャリアメールは利用できるのか、もしキャリアメールが利用できないとしたらメールアドレスはどうなるのか、気になりますよね。ここでは格安SIMカードのメールアドレスについて説明します。

キャリアメールは利用できない

MVNOはキャリアの回線を借りて格安SIMカードを提供していますが、それでは「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」といったキャリアのメールアドレスは利用できるのでしょうか。

結論から言うと、格安SIMカードでキャリアメールは利用できません。キャリアメールはあくまでキャリアのサービスで、MVNOがキャリアと同じ回線を用いているからといって、キャリアメールが利用できるわけではないのです。

格安SIMカードに乗り換えるなら、メールアドレスを変更するとともに、メールのデータや連絡先を新しいメールアドレスに移したり、メールアドレスを変更したことを家族や友人に知らせたりしなければなりません。

面倒に思えるかもしれませんが、キャリアはそれぞれデータ移行、バックアップ、メールアドレス変更通知などのサービスを提供しているので、実際にはそれほど手を煩わされることはないでしょう。

MVNOメールは利用しなくていい

格安SIMカードの中にはメールアドレスが無料または有料で付与されるものがあります。格安SIMカードに乗り換えたら、このMVNOメールをキャリアメールの代わりに利用する手があります。

しかしMVNOメールは保存容量が少なかったり、保存期間が短かったり、格安SIMカードを解約すると利用できなくなったりと、さまざまな問題を抱えています。キャリアメールの代わりとしては物足りません。

せっかくメールアドレスを変更するなら、将来的に格安SIMカードを解約してもメールアドレスを変更しなくても済むように、キャリアやMVNOに依存しない半永久的に有効なメールアドレスを利用するべきです。

フリーメールを利用するべき

格安SIMカードのメールアドレスにはフリーメールを利用することを強く勧めます。フリーメールとは無料メールサービスのことで、Gmail、Yahoo!メール、Outlook.comなどがよく知られています。

上記のフリーメールはすべてプッシュ通知に対応しているので、メールを受信したことがすぐ分かります。もちろんウェブメールとしても利用できます。使い勝手の良さはキャリアメールにも引けを取りません。

フリーメールの魅力はこれだけではありません。Gmailを例に挙げると、エイリアスによるメールアドレス複製、タブやフィルタによるメール振り分け、強力な迷惑メールブロックなど、さまざまな機能が備わっています。

もう一つ忘れてはいけないことがあります。フリーメールはキャリアやMVNOにひも付かない独立したサービスなので、どのキャリアやMVNOと契約しても同じメールアドレスを引き続き利用できるのです。

未来永劫フリーメールのサービスが終了しないとは言い切れませんが、少なくともGoogleの巨大資本を後ろ盾にしたGmailがそう簡単につぶれることはないでしょう。Yahoo!メールやOutlook.comにしても同じようなものです。

お金が掛からず、機能も豊富で、サービスの汎用性や継続性も高いフリーメールは、格安SIMカードのメールアドレスにもってこいです。MVNOメールとは比べるべくもありません。

ちなみに私は格安SIMカードに乗り換える前からキャリアメールではなくフリーメールを利用していますが、今のところ何ら不自由することはありません。自信を持って薦められます。

独自ドメインメールを利用してもいい

独自ドメインをメールドメインとしてレンタルサーバーに登録し、そのメールアカウントをメールアプリに登録し、格安SIMカードのメールアドレスとして利用することも考えられます。

ドメインも含めて好きなメールアドレスを取得できることと、ドメインを手放さない限り同じメールアドレスを利用できることがメリットで、ドメインとレンタルサーバーの維持費が掛かることがデメリットです。

格安SIMカードのメールアドレスにはフリーメールでも十分ですが、独自ドメインメールも悪くはありません。メールアドレスに強いこだわりがあるなら、独自ドメインメールを利用してもいいでしょう。